ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » ガジェット » これで出揃った第3世代AMD Ryzen 9 3950X登場

これで出揃った第3世代AMD Ryzen 9 3950X登場

calendar

reload

AMD-Ryzen-9-3950X タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
デジタルフェア2019でAMDの新しいCPU(Ryzen 9 3950X)の紹介がありましたので情報共有です。

スポンサーリンク

目次

AMD Ryzen 9 3950X 登場

2019年11月30日 AM11:00(日本時間)発売です。秋葉原のパソコンショップに行列ができることでしょう。
Ryzen 9 3950Xで際立って見えるのが16コア32スレッドです。
ライバルのIntel Core i9-9900Kが8コア16スレッドですから、いきなり倍です。
AMD-Ryzen-9-3950X 1130発売

Ryzen 9 3950Xの登場で第3世代のラインアップがすべて出揃ったことになります。
AMD-Ryzen-9-3950X ラインアップ

パフォーマンス

ベンチマークソフトCinebench R20の結果はRizen 7 2700Xより22%向上しています。
AMD-Ryzen-9-3950X パフォーマンス-シングルスレッド

ゲームはIntelと言われていますが、Intel Core i9-9900Kとほぼ変わらないフレームレート(FPS)がでています。
AMD-Ryzen-9-3950X パフォーマンス-ゲーミング性能

会場では発売前のAMD Ryzen 9 3950XとCore i9-9900Kを実際にベンチマーク対決をしていました。
CPUクーラーは水冷式を推奨していますが、条件を同じにするため両方とも空冷式にしていました。
AMD-Ryzen-9-3950X パフォーマンス-実機

シングルスレッドではほぼ互角、マルチスレッドでは倍近くのスコアを出していました。
やはり32スレッドはすごいです。
AMD-Ryzen-9-3950X パフォーマンス-Cinebench-R20-Intel比較

クリエイターが使うソフトは、マルチスレッド処理が多いので、スレッド数の多いRyzen 9 3950Xは処理が速いです。
AMD-Ryzen-9-3950X パフォーマンス-クリエイター性能

消費電力

32スレッドにもなると消費電力が気になります。
Cinebench R20を回したときの最大消費電力は173Wでしたので、ライバルのi9-9900Kより省電力になっています。
AMD-Ryzen-9-3950X 消費電力-効率

CPUクーラーは280mm簡易水冷システム以上を推奨しています。メーカーとしてはマージンを取って余裕のあるものを紹介せざるをえないのですが、会場では空冷式で十分に動いていました。
リテールクーラーは付属していません。
AMD-Ryzen-9-3950X 消費電力-水冷式推奨

Ryzenシリーズに提供されるAMD純正のCPU調整ソフトの「AMD Ryzen Masterユーティリティ」を使えばボタン1つで消費電力を下げるエコモードにできます。
AMD-Ryzen-9-3950X 消費電力-ECO-MODE

Ryzen Threadripper 3960X 3970X

モンスターCPUのThreadripper第3世代も同日に登場です。
AMD-Ryzen-9-3950X TR3960X

まとめ

AMDが発表している価格は、Ryzen 9 3950Xが89,800円、Ryzen Threadripper 3970Xが233,800円、3960Xが164,800円です。実売価格がきになりますね。
Intelから最近出たCore i9-9900KSがAmazonで66,000円ですので、これより安くなると魅力的です。
AMD-Ryzen-9-3950X まとめ

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事