ガジェグル

これは売れるな! EOS Kiss M 誕生 M3,5,6,10,100と比べてみた

time 2018/03/11

EOS Kiss M タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
EOS Kiss Mが発表され、CP+2018で実機がさわれるとあり行ってきました。
最初に言いますが、EOS Kiss Mは売れると思います。
EOS Kiss M CP+2018

sponsored link

キヤノン ミラーレスカメラの スペック比較

僕がカメラを見るときに気にしている項目を2015年以降に発売されたモデルと比較してみました。
左ほどアマチュア向け、右ほどプロ向けに並べています。
EOS MにKiss Mとナンバリングがさらに複雑になりましたね。

ミラーレスカメラ M10 M100 Kiss M M3 M6 M5
発売日 2015.11
(生産終了)
2017.10 2018.3 2015.3
(生産終了)
2017.4 2016.11
Amazon価格
(2018.3時点)
26,418 44,618 71,442 33,465
(EVF付60,758)
69,980
(EVF付89,411)
84,889
映像エンジン DIGIC6 DIGIC7 DIGIC8 DIGIC6 DIGIC7 DIGIC7
有効画素数
(万画素)
1800 2420 2410 2420 2420 2420
連続撮影速度
(コマ/秒)
4.6 6.1 10 4.2 9 9
動画(fps) FullHD/29.97 FullHD/59.94 4K/23.98 FullHD/29.97 FullHD/59.94 FullHD/59.94
露出補正
ダイヤル
メインダイヤル
サブダイヤル
コントロール
ホイール
タッチ&
ドラッグAF
EVF 内蔵 後付 後付 内蔵
フォーカス
フレーム小
チルト液晶(度) 上180 上180 バリアングル 上180,下45 上180,下45 上85,下180
起動時間(秒) 1.6 1.0 1.0 1.58 1.0 1.0
バッテリーパック LP-E12 LP-E12 LP-E12 LP-E17 LP-E17 LP-E17
撮影可能枚数 255枚 295枚 235枚 250枚 295枚 295枚
大きさ(mm) 108.0x
66.6×35
108.2x
67.1×35.1
116.3x
88.1×58.7
110.9x
68×44.4
112x
68×44.5
115.6x
89.2×60.6
質量 (g)
+はEVF
265 266 390 366+43 390+29 427

キヤノン ミラーレスカメラのポジショニング

一眼レフのKissシリーズはファミリー層をターゲットとしたモデルです。ミラーレスのKiss Mをさわってみて感じたのはアマチュアのオート撮影より、少し踏み込んだAv、Tvモードでの撮影も十分にこなせるハイアマチュアに近いと感じました。
EOS Kiss M ターゲットユーザー

執筆時点では、まだ発売前で、Amazonでは予約中で、価格は約7.1万円です。新機種だけに割高感はあります。6万円くらいに落ち着くと買いやすいです。

EOS Kiss M ハンズオン

一眼レフと比べると一回り小さいのですが、グリップが大きいので、厳つくてカッコよいです。
EOS Kiss X9iが約532gに対してKiss Mは約390gになり、これだけ軽くなるなら買い替えの動機には十分です。
色は2色でブラックとホワイトでブラックは約387gと少し軽いです。
EOS Kiss M 正面

一見するとM5と見間違えそうですが、左肩にダイヤル類がなくスッキリとしています。
EOS Kiss M フラッシュ

今回の目玉は、バリアングル液晶です。やっとミラーレスで対応してくれました。キヤノンの開発担当者に話を聞くと、ボディの厚みが少し大きくなってしまったそうです。それでも400gを切っているのは凄いです。
EOS Kiss M 背面バリアングル

バリアングルならローアングル、ハイアングル、自撮りに対応でき、三脚やフラッシュにも干渉しないのがいいですね。ただバリアングルだと一度左に開く手間が一つ増えます。
EOS Kiss M 側面バリアングル

右上のシャッターボタンの周りがメインダイヤルです。撮影時にダイヤル調整できるのは、これだけになります。個人的には、もう一つ欲しかったです。
電源スイッチがレバー式なので分かりやすく誤操作しないのがいいですね。
モードダイヤルはM、Av、Tv、Pがあり、アマチュアというよりは、ハイアマチュア仕様になっています。
EOS Kiss M 上面

背面は、右側にボタン類が集約されています。大きな丸いボタンはコントロールホイールではなく十字ボタンなのです。ここがKiss Mで一番残念なところです。
EOS Kiss M 背面

十字ボタンの上の「+/-」は露出補正ボタンで、これを押して、メインダイヤルで操作できます。ISOをメインダイヤル操作するには、液晶画面に表示されるボタンを押すとできるのですが、ファインダーを覗きながらの操作ができません。キヤノンの社員さんに質問したら、設定方法は熟知していなかったのですが、別の物理ボタンに割り当てることはできるそうです。一手間掛かりますがファインダーを覗いたまま、露出、ISOのダイヤル操作ができます。
EOS Kiss M 背面十字ボタン

フラグシップモデルM5にしかなかった「タッチ&ドラッグAF」ができます。これは、ファインダーを覗きながら、親指で液晶画面をドラッグすることでAFフレームを動かすことができるのです。
EOS Kiss M 背面タッチ ドラッグAF

されにAFフレームは小さくでき、シビやなポイントでオートフォーカスできます。これはM5,6にある機能です。
EOS Kiss M 背面AFフレームサイズ

右面にはmicro USBポートがあり、パソコンと繋いでデータ通信を行えますが、バッテリーの充電はできません。
EOS Kiss M 右面

底面の三脚穴は光軸上にあります。
EOS Kiss M 底面

バッテリーパックとSDカードは底面からのアクセスです。専用のボディジャケットも発売されるようで、現物を見ることはできませんでしたが、写真を見る限りでは、収納部フタと干渉し、三脚穴がつぶれるのは、前シリーズから改善されていないようです。
EOS Kiss M 底面収納部

Kiss Mで初めて搭載された機能を紹介します。
4K動画が撮影できるようになりました。これは大きいですね。23.98fpsと少し遅いのですが、4K動画が撮影できれば、切り抜きて動画が作れますからね。
あとは、無音撮影ができる、サイレントモードがあります。レストランなどでマナー的に音を出しにくいシーンで使えます。
そして映像エンジンがDIGIC8となり、フラグシップモデルのM5を超えていて連続撮影は10コマ/秒ですよ。サーボAFもよく効いていて、M3を使っている僕からしたら羨ましくてしかたありません。

まとめ

「Kiss Mがでた!」と聞いてはじめは期待していなかったのですが、これからカメラを趣味としてやっていきたい方には入門機として、とても良い選択だと思います。ただ常にオートモード撮影をする方には難しいと思うのでM100やM10がオススメです。
M3を買ってから3年です。僕は、どうするかというと、結論は買いません。(T_T)
理由は、操作系でメインダイヤルだけというのは面白くないのと、バッテリーがM3,5,6のLP-E17とは違い、Kiss, M10, M100と同じLP-E12なので、使え回せないこと。この2点をクリアーできていたら買ってましたね。
M5の後継機がいつでるのか、社員さんに聞いてみましたが、やっぱり教えてもらえませんでした。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます



キヤノン EOS Kiss M ボディ ブラック
by カエレバ

関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ