ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

とうとうクロスカブで佐渡島へ上陸2

calendar

reload

佐渡島トキの森公園トキ展示資料館サドッキー

こんにちは、ヒーニョンです。

前回の記事「とうとうクロスカブで佐渡島へ上陸1」では、佐渡金山をご案内しました。今回は Nipponia nippon そう! トキを見に行きました。

トキ
日本では個体数が激減したのち人工繁殖を始めたが、野生絶滅に至ったため「希少なもの」のたとえに使われる。学名は Nipponia nippon(ニッポニア・ニッポン)で、しばしば「日本を象徴する鳥」などと呼ばれるが、日本の国鳥はキジである。新潟県の「県の鳥」、佐渡市と輪島市の「市の鳥」である。
wikipedia

やっとトキに会える(*^_^*)ワクワクします。
佐渡島トキの森公園入口

繁殖ケージは立ち入り禁止のようです。(・_・、)
佐渡島トキの森公園案内図

サドッキーがお出迎えです。
佐渡島トキの森公園サドッキー

トキ資料展示館です。
佐渡島トキの森公園トキ資料展示館

日本産最後のトキとなったキンの剥製です。けっこう大きいです。
佐渡島トキの森公園トキ剥製キン

こちらのトキの剥製は毛の色がすこし黒いです。
佐渡島トキの森公園トキ剥製

卵はニワトリの卵より大きいですね。
佐渡島トキの森公園トキ卵

繁殖ケージを遠目に見ることができます。トキが羽ばたいた瞬間です。
佐渡島トキの森公園繁殖ケージ羽ばたき

あれ? よく見るとトキがウヨウヨいる!!
佐渡島トキの森公園繁殖ケージ

つづいてトキふれあいプラザです。
佐渡島トキの森公園トキふれあいプラザ建物

ここには一家族のトキがすんでいるようです。窓越しに静かに見ることができます。
佐渡島トキの森公園トキふれあいプラザトキ

自販機は当然! トキ仕様でした。
佐渡島トキの森公園自販機

では、帰路へと向かいます。新潟行きフェリーがでている両津港です。
佐渡島両津港

おけさ丸への乗船前です。バイク仲間がたくさんいました。
佐渡島両津港おけさ丸乗船前

またクロスカブをしっかりと固定してもらえました。
佐渡島両津港おけさ丸バイク駐車

ロビーはなんとなくゴージャスです。
佐渡島両津港おけさ丸ホール

これが2等船室です。雑魚寝タイプです。席の指定はないので好きなところで横になれます。椅子よりこちらの方が楽かも!
佐渡島両津港おけさ丸ホール2等船室

なんとステージまであります。でも何もしていませんでした。
佐渡島両津港おけさ丸ステージ

乗船前に売店で地元のものを買ってみました。イカの珍味は、お値段も安くボリュームもあり病みつきになりそうです。海洋深層水もクセがなく美味しいのですが、珍味にはビールがいいですね。でもバイクなので諦めます。
佐渡島珍味

ウミネコが別れを惜しんでくれました。
佐渡島両津港おけさ丸ウミネコ

スポンサーリンク

まとめ

急ぎ足での佐渡島横断ツーリングでした。なぜ急ぎ足かというと直江津港から佐渡島へ向かう朝一の便が9:30で、新潟へ向かう便が16:05だったので滞在時間が5時間しかなかったからです。もう少し早い便があって、18:00の帰りの便があると便利なのですがね。
ほんとは海岸線を1週してみたかったのですが、佐渡島は思った以上に大きく1週約200kmもあるそうです。
バイクで船旅も楽しいですね。またやってみたいです。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

まっぷる 新潟 佐渡 ’18 (まっぷるマガジン)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 昭文社 2017-04-10
売り上げランキング : 39364

by ヨメレバ

伝統と風格の宿 ホテル万長 <佐渡島>
by トマレバ

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ヒーニョン

ヒーニョン

ガジェット、旅行、グルメ、バイク、キャンプが好きで、日常の経験をブログに書き残しています。それが皆さんの生活に少しでもお役に立てばと思っています。 [詳細]