ガジェグル

キャンプで使うバーナーはカセットガス式のジュニアバーナーとアルコールバーナーのどちらが良いのか?

time 2017/01/23

ジュニアアルコールバーナー比較

こんにちは、ヒーニョンです。
カセットガス式のジュニアバーナーとアルコールバーナーの特徴について比較してみました。

sponsored link

火力

ヤカンに水を500ml入れて沸騰するまでの時間を計測してみました。
ジュニアバーナー湯沸かし開始前

ジュニアバーナーは火力をMaxにすると、炎がヤカンの縁から飛び出すので、加減をしました。結果は4分30秒でした。
ジュニアバーナー湯沸かし完了

アルコールバーナーは五徳にヘキサゴンウッドストーブを使用しました。結果は7分30秒でした。
アルコールバーナー湯沸かし完了

燃費

ジュニアバーナーは、500mlのお湯を沸かすのにガス10gを使用しました。カセットガス1本で25回お湯を沸かすことができます。ディスカウントストアで3本で230円で販売されていますので、1回お湯を沸かすのに約3円必要です。
カセットガス販売

アルコールバーナーは、500mlのお湯を沸かすのに燃料アルコール22gを使用しました。燃料アルコール1本で16回お湯を沸かすことができます。ドラッグストアで1本が300円で販売されていますので、1回お湯を沸かすのに約19円必要です。

重量

ジュニアバーナーとカセットガス1本で重量は約750gです。
ジュニアバーナー重量最小

旅の途中で燃料を購入することを考えると3本パックになるので重量は1,500gになります。
ジュニアバーナー重量買増

アルコールバーナーは、ヘキサゴンウッドストーブ、フューエルボトル、ライターが必要になります。重量は約890gです。
アルコールバーナー重量最小

旅の途中で燃料を購入することを考えると重量は1,330gになります。
アルコールバーナー重量買増

まとめ

水を500ml入れて沸騰したときの比較結果を表にまとめました。

ジュニアバーナー アルコールバーナー
火力 4分30秒 7分30秒
燃費 3円 19円
重量(最小) 750g 1,500g
重量(途中購入) 890g 1,330g

スピードも経済的にも重量的にもジュニアバーナーが優れていますね。ただストアで3本パックでしか売られていないのが痛いところですね。
アルコールバーナーのメリットを考えると火口が複数欲しい場合は揃えやすいですし、構造が簡単なので壊れにくいですね。
バイクでのソロキャンプにはジュニアバーナーが相性が良いですね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ