ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

コーヒーを上手く淹れるなら注ぎ口が細いラッセルホブスの電気ケトルがオススメ

calendar

reload

ラッセルホブス電気カフェケトル 湯注ぐ

こんにちは、ヒーニョンです。
2年ほど前に電気ケトルを購入したのですが、調子が悪くなってきました。それは、間違えて空焚きをしてしまうと電源が切れずに空焚きをし続けるのです。危険なので電気ケトルを買い直しました。
以前の電気ケトルの記事は「電気ケトルでコーヒーをいれ、抽出かすを消臭剤にするエコな方法」を参考にしてください。
Siroca電気ケトル 湯注ぐ

電気ケトルを2年間使って感じるのは、ドリップコーヒーを淹れることが多いのですが、注ぎ口が広いのでボタボタとお湯がでるので跳ね返りが多く電気ケトルが汚れてしまうのをなんとかしたいと思うのです。
Siroca電気ケトル 跳ね返り

スポンサーリンク

開封の儀

購入したのがAmazonで人気のある商品の「ラッセルホブス 電気カフェケトル」です。容量が0.8L、1.0L、1.2Lの三種類あります。僕は1.0Lを購入しました。
ラッセルホブス電気カフェケトル パッケージ

ラッセルホブスはイギリスの会社で電気ケトル以外にトースターやコーヒーメーカーなどの家電商品を販売しています。
電気ケトルは3千円台で購入できるのですが、ラッセルホブス製は少し高くて7千円ほどする商品なのです。
ラッセルホブス電気カフェケトル 開封

本体とフタ、電気台、マニュアルが入っています。
ラッセルホブス電気カフェケトル 同梱物

質感はかなり良くて、ステンレスは鏡面仕上げで写真を撮ると、鏡のように撮影者が写ってしまうほどです。
一般的な電気ケトルとの最大の違いが注ぎ口が細くなっていることです。コーヒーを淹れるのに特化しています。
ラッセルホブス電気カフェケトル 本体

内側から見ると、注ぎ口は下の方に付いているので、お湯が残らないようになっていますが、何度も傾けないとお湯は全部でません。
フタは置くだけのタイプですが、硬さが絶妙で大きく傾けてもフタが取れることはありませんでした。もちろんフタを外すのは片手で外せる絶妙な硬さです。
ラッセルホブス電気カフェケトル 本体内側注ぎ口

目盛りは内側に満水(1.0L)のラインと半分(0.5L)のラインが書かれていますが、非常に見えにくいのですが、コーヒーを淹れるときは計量カップで測って給水するので問題ありません。ただ、お茶を作るときは1.0Lのお湯をわかすので目盛りを見ながら水を入れていますが、なんとなく満水がわかるようになってきました。
ラッセルホブス電気カフェケトル 本体内側数量目盛

前の電気ケトルは電源スイッチがいつでも入れられるので誤操作の基になっていましたが、ラッセルホブスは電気台に載せないとスイッチが入らない仕様になっています。これで一つ僕の問題が解決できます。
ラッセルホブス電気カフェケトル スイッチ

本体はステンレス製なのでお湯を沸かすと高温になり触ると危険です。子供の手の届く場所には置かないようにしましょう。でも底面は熱くならないようになっているので沸騰後すぐにテーブルに置くことができます。
ラッセルホブス電気カフェケトル 本体裏側

電気台はシンプルで掃除しやすく凹凸が少ないです。
ラッセルホブス電気カフェケトル 電気台

コードの長さは約1.3mです。電気台の裏に巻きつけて長さを調整できます。
ラッセルホブス電気カフェケトル 電気台裏側

ラッセルホブスのマークが眩しいです。
コーヒー2杯分350mlの水を2分35秒で沸騰できました。満水の1Lは6分5秒で沸騰できました。※水温によって大きく変わると思います。
ラッセルホブス電気カフェケトル 電源ランプ

注ぎ口が細いのでコーヒーをドリップするには最適です。コーヒーの跳ね返りはほとんどなくなりました。
コーヒーの淹れ方はいろいろとありますが、ほとんどがコーヒー豆の中心に500円玉程度の大きさで「の」の字を書くようにお湯を注ぐのですが、はじめて上手くできました。
ラッセルホブス電気カフェケトル 湯注ぎ始め

コーヒーの外壁がキレイにできたのです。
ラッセルホブス電気カフェケトル コーヒーの外壁

下の写真が前の電気ケトルの場合で、コーヒーの外壁はほとんど残っていません。
フィルターの味が染み出さないようにコーヒーの外壁を作るのですが、味の違いは僕には分かりませんが、気持ちてきには美味しくなった気がします。
Siroca電気ケトル 出がらし

まとめ

前の電気ケトルは沸騰すると電源が自動的に切れるのは同じですが、お湯を注ぐのに注ぎ口のフタを開ける手間がありました。ラッセルホブスは注ぎ口は細いのでフタがないので、手間が一つ減りました。
フタに小さな穴が空いているので沸騰すると湯気がでるのも少し違う点です。
一ヶ月ほど使用しましたが、コーヒーを淹れるのが楽しくなりました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

関連記事