ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

ツーリングで体への負担を軽減するためにナックルカバーを付けた

calendar

reload

ナックルカバー取り付け完了

こんにちは、ヒーニョンです。

前回の記事「ツーリングで体への負担を軽減するためにショートバイザーを付けた」で多少ですが風の負担を軽減できました。今回はナックルカバーを付けてさらに風の負担を減らそうと思います。

スポンサーリンク

開封の儀

今回購入したのは「キタコ(KITACO) [ナックルカバー] ブラック [型番] 562-0900010」です。思った以上に小さく感じました。いくつか色が選べますが、僕はクロスカブの色に合わせて黒にしました。
ナックルカバーパッケージ

六角レンチは付属していませんね。プラスチック素材なのでクランプにゴムは付いていません。
ナックルカバー中身

左ハンドルから取り付けます。以前の記事「暑い夏を乗り越えるためにバイクにドリンクフォルダーを付けた」で紹介したドリンクフォルダーが干渉するので少しズラして取り付けました。グリップ部分を余りカバーしきれていません。(ToT)
ナックルカバー左ハンドル

右ハンドルはブレーキロックがギリで干渉しますね。ミラーの外側に付けようかと思ったのですが、干渉しているのでこれ以上は外側にズラせないです。またショートバイザーも影響するので諦めました。(ToT)
ナックルカバー右ハンドル

まとめ

実際にツーリングをしてみましたがナックルカバ−による夏場の風の軽減は残念ながら感じられませんでした。(・_・、)冬場だと寒さ対策になるか分かりませんが期待したいです。
これは完全に見た目ですね。付いているとカッコイイです。(*^_^*)
気になったのが雨の中ツーリングをしたのですが、現在ボルトの頭から錆びが発生しています。取りあえず油をさして押さえています。

ではまたヾ(^^へ)

バイクを買ったら用意したい物について書いた記事です

積載
電源
メンテナンス
防犯対策
雨対策
夏対策
冬対策
風対策

こちらで購入できます

キタコ(KITACO) ナックルカバー ブラック 汎用 562-0900010
by カエレバ

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す