ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

ブラックのSurface Pro6とLaptop2が発表されたMicrosoft Japan Surface Eventに参加してきた

calendar

reload

Microsoft Japan Surface Event タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
2018年10月10日開催のMicrosoft Japan Surface Eventに参加してきました。場所は日本マイクロソフト株式会社 品川本社です。
Microsoft Japan Surface Event 会場

先日、アメリカのニューヨークで発表があったので、どのような製品が発売されるのかは知っていて驚きはありませんでしたが、興味深いお話が聞けました。
Microsoft Japan Surface Event 発売日

スポンサーリンク

目次

Surface Pro6

僕はSurfaceシリーズではProが一番気になる製品です。日本でSurface Proのユーザー満足度は99%だそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceProユーザー満足度

そして日本では32%の成長率で売れてきている製品です。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro成長率

2018年モデルはSurface Pro6となり、昨年2017年の5代目ではナンバリングが消えていたのが復活です。見た目もインタフェースも変わらないCPUのアップグレードですが、全てを再設計したそうで工場の生産ラインを見ても作り方が変わったそうです。
Surface Pro6の一番の特徴が、いままでのプラチナに加えて新色のブラックが登場したことです。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6

CPUが第7世代 (Kaby Lake)から第8世代 (Coffee Lake)になることで67%高速化されています。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro高速化

高速化にもかかわらず、重さとバッテリー駆動時間は変わらず、770g、13.5時間を維持しています。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6バッテリー

メーカー公表値なのでテスト環境は違いますが、iPad Proと比較して3.5時間長い駆動時間です。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6比較iPadPro

グラフィックスはMacBook Air13と比較して50%優れています。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6グラフィックス

画素数はMacBook Air13と比較して3.8倍です。

  • Surface Pro6 解像度: 2,736 x 1,824 (267 PPI)
  • MacBook Air13 解像度: 1,440 x 900 (128 PPI)

Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6画素数

MacBook Proのスペースグレー色をイメージしていたので、ブラック色は真っ黒に感じました。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6正面

ブラックはいままでのプラチナと比べると塗装の厚みが若干増えるため、その分コーナーを薄くして作り仕上がりのサイズを揃えているそうです。
ポートは先代と同じですので、「Surface Proを1週間使ってみて感じた良いとこ残念なとこ」の記事を参考にしてください。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6背面

マイクロソフトのマークは黒の鏡面仕上げです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceProキックスタンド

マッドなブラックですが、プラチナと比べると手垢が目立ちます。でもカッコイイです。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6裏面

OSは先代がWindows10 Proでしたが、Homeに格下げされています。
価格は先代が105,800円からでしたが119,800円と少し高くなっています。しかしメモリが8GBに増えています。
ブラック色については用意されないモデルがあるので注意です。
Microsoft Japan Surface Event SurfacePro6ラインナップ

Surface Laptop2

Surface LaptopシリーズもProと変わらず99%のユーザーが満足しています。
Laptopはタイピングに最適化されていて、キーボードの静かさや、Alcantara素材の触り心地、そして全体的なバランスを重視しています。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptopユーザー満足度

2018年はナンバリングが追加されSurface Laptop2なりました。
Pro同様に見た目もインタフェースも変わらなくCPUのアップグレードで新色のブラックが追加となります。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2

解像度 2,256 x 1,504 (201 PPI)で340万画素の13.5インチPixelSenseディスプレイは変わらないです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2ディスプレイ

CPUがPro同様に第7世代 (Kaby Lake)から第8世代 (Coffee Lake)にアップグレードされています。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLapto2プロセッサ

初代と比べると85%も高速化されています。Pro6よりも高速化されている理由は、昨年のLaptop初代とPro5代目は同じ第7世代 (Kaby Lake)のCPUでしたが、厳密には格差がありLaptopの方には少し遅いCPUが搭載されていました。Laptop2はPro6と同じ構成のCPUになったためです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2高速化

バッテリー駆動時間は先代と変わらず、14.5時間を維持しています。Proより1時間長い数値になっています。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2バッテリー

Surface Laptop2のブラックは、強そうで存在感があります。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2正面

ポートは先代と同じですので、「Surface Laptopを1週間使ってみて感じた良いとこ残念なとこ」の記事を参考にしてください。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2背面

Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2表面

底面もスッキリとしていてブラックです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2底面

新色のブラックが一番売れそうな気がします。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2カラバリ4色

Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2カラバリ4色表面

初代のOSはWindows10SでSモードだったのですが、最初からSモードが解除されている標準のWindows10 Homeになりました。手間が省けていいのですが、初代はSモードを解除してProだったんですよね。
価格は据え置きの126,800円からですが、メモリは8GBに増量されています。
ブラックが無いモデルもあるので注意してください。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceLaptop2ラインナップ

Surface Studio2

Surface Studio2も新しくなります。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio2

アメリカで標準化されてきている動画のカラー規格DCI-P3に対応した28インチのPixelSenseディスプレイです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio2ディスプレイ

コントラストは22%向上し、38%鮮やかになっています。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio2コントラスト

ストレージはHybrid Driveから全てSSDになります。
グラフィックパフォーマンスは先代から50%アップし、グラフィックメモリは2倍になっています。CPUは30%高速化し、全体的に35%高速化しています。
GPUは、NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB と 1070 8GB を用意しているそうで、かなり最強なマシーンになっています。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio2グラフィックス

Surface ペンが4096段階筆圧感知になり、他のSurfaceシリーズに追いつきます。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio24096段階筆圧感知

Surface Studio2の発売は来年2019年1月を予定です。
残念ながら会場には実機が用意されてなかったのですが、見た目は初代とほぼ同じなのですが、USB-Cポートが追加されるそうです。Thunderbolt3規格かどうかは分かりませんでした。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceStudio2発売日

Surface Headphones

一番の驚きの商品がSurface Headphonesです。マイクロソフトが本気でヘッドホンを発売するそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones

13段階のアクティブノイズキャンセリングで、40mmフリーエッジ ドライバーを搭載し非常に良い音がでるそうです。
マイクは8個付いていて、4つが指向性のある口元マイクで、残り4つがノイズキャンセリングのためのマイクです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphonesノイズキャンセリング

価格はUSで349ドル予定だそうで、ハイエンドな位置づけのヘッドホンです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones正面

丸い平らな部分はタッチに対応し再生や停止などの操作ができます。丸い部分はダイヤルになっていて、右側が音量調整、左側がノイズキャンセリングのレベル調整ができます。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones外側

ヘッドホンを耳から外すと音楽が自動停止し、再度掛け直すと再生が開始する機能があるそうです。
耳を完全に覆うオーバーヘッド型で装着してみるとパッドがレザーでありながら柔らかいので密閉感があります。気になったのが側圧が強く感じたので長時間掛けると耳が痛くなりそうな予感がしました。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones内側

アームを一番伸ばした状態の写真です。側圧を調整する機能は残念ながらありませんが、ステンレス素材で締め付けているようなので広げる癖をつければ弱くなるかもしれません。
パッドは消耗品と考えた方がよいのですが、Surface Headphonesは修理交換だそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones長さ調整

充電はUSB-Cです。音は有線接続でも聴けるそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphonesUSB C充電

ダイヤルは無断階で滑らかに回転します。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphonesダイヤル

専用のケースも付属しています。大きいので持ち運ぶのはつらそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphonesケース

ケース内部の写真です。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphonesケース内部

発売は2019年です。Earlyと言いたいところですが、自信がないそうです。
Microsoft Japan Surface Event SurfaceHeadphones発売日

Windows10 October 2018 Update

Windows10 October 2018 UpdateとOffice365の新しい機能の説明がありました。
今回のアップデートでは、スマホとの連携強化と日々の作用の効率性を最大限まで引き出すためにさまざまな新しい機能を搭載しました。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Update

タスクバーにあるタスクビュー ボタンを押すとタイムラインがでてきて過去に使用したファイルや閲覧したWebページなどが30日前までさかのぼって確認することができ、項目を選択すると開くことができます。これによりファイルの保存場所が深くて開くのが面倒であったり、保存場所を記憶していなくても直ぐに作業を再開できます。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Updateタイムライン

このタイムラインが今回のアップデートでAndroidとiOSのスマホからも使えるようになりました。Microsoftoアカウントで同期し同じ情報を共有するので、パソコンで作業していたことを電車の中でスマホを使って続きの作業が簡単に始められます。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Updateスマホ共有

タスクバーにあるスマホ ボタンを押すとスマホ同期が立ち上がり、フォトを選ぶとスマホ上の最新の25枚の写真がパソコンから確認できます。メッセージを選ぶとスマホ上のテキストメッセージを確認できますし、コピー貼付けはもちろん編集も可能です。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Updateスマホ同期

PowerPointで効率的に作業するための機能として、手書きの文字を文字データに変換でき、英語を日本語に翻訳することができます。翻訳精度はマシーンラーニングで賢くなったそうです。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018UpdatePowerPointインク

貼り付け操作は「Ctrl + V」をよく使うと思いますが、「Win + V」を押すとクリップボードが立ち上がります。これは、一度コピーしたことがある画像やテキストを過去の情報まで記憶しているので、以前にコピーしたものを直ぐに貼り付けることができます。そして同じMicrosoftoアカウントでログインしているWindows10のデバイスなら情報を共有しているそうです。残念ながらスマホではできないようです。
この機能は日本のマイクロソフト開発チームが開発したそうです。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Updateクリップボード

もう一つ日本発の機能として「Win + .(ピリオド)」を押すと絵文字が立ち上がるようになりました。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018Update絵文字

BIZ UD(ビズ ユー・ディー)フォントが標準搭載になります。これはモリサワ社がMicrosoft Officeに最適なフォントとしてデザインされたUD(ユニバーサル デザイン)フォントです。文字と数字の読み間違え防止や濁点を区別しやすくするなど誰でも読みやすくなるように設計されたフォントです。
Microsoft Japan Surface Event Win10Oct2018UpdateBIZUDフォント

まとめ

写真は左からGo(10インチ)、Pro(12.3インチ)、Laptop(13.5インチ)、Book2(13.5インチ)、Book2(15インチ)です。
ディスプレイサイズがパソコンを選ぶ大きな決め手になりますが、性能差も気になるところです。今回発表されたProとLaptopはCPU、メモリ、ストレージ、OSと構成を合わせてきたので、選びやすくなったと思います。
今回は大きな変更はなく、良く言えば正当進化した製品となりました。先代モデルを所有している方が買い直すほどではないのが正直なところですが、初めてのSurfaceなら安心して買えるモデルだと思います。
ガジェットオタクの僕としては、ProがThunderbolt3に対応したUSB-Cを搭載してくれれば即買いしたい気持ちでいます。
Microsoft Japan Surface Event Surfaceシリーズ画面サイズ比較

5代目Surface Proはナンバリングを消し、Windowsは9を飛ばして10になりました。9と5という数字は歴史的なOS Windows95を思い浮かべます。だから9と5はマイクロソフトにとって大切な数字なので永久欠番なのかぁって勝手に想像しています。
その真相はBook5はナンバリングを消しBookとし、Pro9は飛ばしてPro10になったとき確信となる。3年後が楽しみだw

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

関連記事

Surfaceシリーズの使用感レビュー記事

マイクロソフト発表会の記事