ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

冬のバイクで指先の寒さを防ぐハンドルカバーをクロスカブに付けてみた

calendar

reload

ハンドカバー取付完了

こんにちは、ヒーニョンです。

以前の記事「クロスカブで富士山に登ってみた」で思い知らされたのが、冬はナックルカバーだけでは指先は守れないことです。

スポンサーリンク

開封の儀

冬用のグローブを買おうかと思いましたが、暖かさでは定評のあるハンドルカバーにしたいと思います。そこで「リード工業(LEAD) コンパクトハンドルカバー ブラック/ブラック KS-209D」を購入しました。
ハンドカバーパッケージ

とっても軽いのですが、素地は防水加工がされていてしっかりとした感じがします。
ハンドカバー中身

パッケージの台紙が説明書になっています。
ハンドカバー説明書

取付部分にはハンドルが入るように穴が空いています。レバー部分にも切れ込みが入っています。
ハンドカバー挿入口

右ハンドルに取り付けます。クロスカブでもちょうどよく入ります。
ハンドカバー取付中

ミラーの支柱にヒモでくくりつけます。
ハンドカバー右側完了

ナックルカバーとは干渉しませんでした。
バイクの右側にはブレーキレバーがついているのですが、クロスカブにはブレーキロックが付いています。ハンドルカバーを付けると使用不可能になります。残念です。(・_・、)
ハンドカバー右側ブレーキロック不能

左ハンドルも同じように取り付けます。
ハンドカバー左側完了

左ハンドルのカバーを固定するヒモがハイビームに接触して誤操作を起こす場合があります。ウインカーの操作部分は透明になっていてボタンが見えるようになっていますが、寒いと曇ってしまいますので不要かと思います。
ハンドカバー左側ウインカー操作

ハイビームには指が届かないのですが、ハンドルカバーを持ち上げると届きました。
ハンドカバー左側ハイビーム

クロスカブの左ハンドルにはレバーが付いていません。そのためハンドルカバーの固定が悪く直ぐにズレてしまいます。
ハンドカバー左側ズレ

ズレたハンドルカバーを戻そうとするとクラクションを間違って押してしまいます。これが一番嫌ですね。(*`Д´*)
ハンドカバー左側クラクション誤操作

まとめ

見た目が悪くなるかと心配したのですが、どうでしょうか? 僕はけっこうイイかなって思いました。
ハンドカバー取付完了

実際に走ってみると暖かいですね。グローブをしなくても大丈夫なぐらいです。やっぱり問題はクラクションを間違って鳴らしてしまうことです。

ではまたヾ(^^へ)

バイクを買ったら用意したい物について書いた記事です

積載
電源
メンテナンス
防犯対策
雨対策
夏対策
冬対策
風対策

こちらで購入できます

リード工業 コンパクトハンドルカバー ホワイト ブラック KS-209A
by カエレバ
キタコ(KITACO) ナックルカバー ブラック 汎用 562-0900010
by カエレバ

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す