ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

外付けハードディスクにロックをかける方法がOS標準機能にあった(Win10 Pro版)

calendar

Win10-BitLocker タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
以前の記事「で外付けハードディスクにロックをかける方法のMac版」で紹介しました。
WindowsでもOS標準機能で同じようにロックをかける方法があるので紹介します。

スポンサーリンク

対応OS

WindowsのBitLockerという機能を使ってストレージ(ハードディスク)にロックをかけるのですが、Windows10のHomeとProの2つのエディションによって使用制限が違うので注意してください。

ストレージに対してBitLockerを組み込むことができるのはProのみです。
ロックされているストレージをアンロックしてアクセスするのはHomeでもProでも可能です。

ProでBitLockerを組み込みさえすればHomeでも使えるということです。

BitLockerの組み込み

BitLockerを組み込みたいストレージをエクスプローラーで右クリックして「BitLockerを有効にする」を選びます。
Win10-BitLocker 組み込み1

ロック解除用のパスワードを設定します。
Win10-BitLocker 組み込み2

パスワードを紛失したときの救済策として回復キーを作ります。好みの場所に保存してください。
Win10-BitLocker 組み込み3

すでにデータが存在するストレージでもデータを消すこと無くBitLockerを組み込んで暗号化することができます。ただし時間が掛かります。
Win10-BitLocker 組み込み4

暗号化には2種類あり、古いOSを使う可能性があるなら互換モードにします。
Win10-BitLocker 組み込み5

以上が設定です。「暗号化の開始」ボタンを押します。
Win10-BitLocker 組み込み6

しばらくすると完了します。
Win10-BitLocker 組み込み7

アンロック

BitLockerを組み込んだばかりだとアンロックされていてアイコンをみると南京錠が開いています。パソコンを再起動したり、取り出して再マウントすると南京錠に鍵が掛かった状態になります。
Win10-BitLocker 南京錠

ロックされているストレージをダブルクリックで開くとパスワード入力を求められるようになります。
Win10-BitLocker パスワード入力

まとめ

MacとWinで暗号化の仕組みが違うのでWindowsでBitLockerしたストレージをMacに物理的に繋げても認識できません。逆もそうです。ただしネットワークを介してだとファイルにアクセスできます。もちろんアンロックされてあることが前提です。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

マイクロソフト Microsoft 〔USBメモリ〕 Windows 10 Pro 日本語版 FQC-10185 [Windows用][FQC10185]
by カエレバ

関連記事