ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

天国に向かうかのような神秘的な超長い木製の橋が静岡県島田市にあった

calendar

reload

蓬莱橋永遠に

こんにちは、ヒーニョンです。

蓬萊橋(ほうらいばし)と聞いて、ご存じない方も多いと思いますが、トップの写真なんとなく見たことないですか?
僕はテレビで一瞬見かけて印象的だったので記憶の中にあっていつかは行ってみたいと思っていました。場所を調べると静岡県島田市の大井川にかかる橋だとわかりました。浜松市までツーリングに行った帰りに立ち寄ってみました。

まずは記念撮影でクロスカブと一緒にパチリ(^^)v
蓬莱橋とクロスカブ

国内でも数少ない賃取橋(ちんとりばし)として珍しく料金は大人100円、子供10円です。残念ながらバイクは立ち入り禁止です。でも自転車(100円)は良いそうです。
蓬莱橋看板

全長897.4mもあり1997年12月30日に「世界一の長さを誇る木造歩道橋」としてギネス社に認定されました。また、長い木=長生きの橋、全長897.4(やくなし)=厄無しの語呂合わせで縁起のいい橋として人気があります。
蓬莱橋入口

この景色最高だと思いませんか! 実際に歩いてみると、木製なので床板がぐらついて動くところがあったり、手すりが低いので隅を歩くのは怖いです。自転車で通っている人は見かけませんでしたが初めてだと怖いと思います。
蓬莱橋永遠に

897.4mを往復するだけですが、景色と川の風が良く気持ちがよいです。下側に降りてみると、橋脚は細く心許ないです。
蓬莱橋下から

調べてみると、台風が直撃すると橋が崩壊しているようです。