ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

年賀状作成ソフトが多くて選ぶのに迷うので比較してみた

calendar

reload

ソースネクスト 年賀状ソフト 店頭ディスプレイ

こんにちは、ヒーニョンです。
ソースネクストさんの本社におうかがいして、年賀状ソフトについて聞いてきましたので報告します。
ソースネクスト 本社

スポンサーリンク

目次

年賀状ソフト比較表

年末が近づくと、店舗にはいろいろな年賀状ソフトがならんでいます。有名所とし4種類あるのですが、それでも、どれを買えばよいか悩んでしまいます。
ソースネクストでは、4種類中の3種類(筆王、筆まめ、宛名職人)を販売しています。残る1種類(筆ぐるめ)は富士ソフトなので今回は話を聴けませんでしたが、分かる範囲で比較します。

どのソフトもバージョンを見てもらえば分かるように、パソコンが普及しはじめてから20年以上も毎年バージョンアップを繰り返しているソフトなので、年賀状を作成するという最終目標に達するには、どのソフトを使っても大丈夫です。だから自分が何を優先するかが選ぶ判断材料になります。当然、価格でもよいですし、素材の数だったりします。

ソフトの価格が3千円から5千円くらいしますが、本当にそれだけの価値があるのでしょうか?
年賀状を作るだけでは、高いと思いと感じるなら、年賀状以外の機能として、フォントが増えたり、招待状などで作る往復はがきに対応していたりする年間を通じて使用できることに価値を見出すことができれば安いかもしれません。

製品名 筆王 Ver.22 筆まめ Ver.28 宛名職人 24 筆ぐるめ 25
対応OS Win版 Win版 Mac版(Win版もあり) Win版(Mac版もあり)
価格 3,980円 5,200円 7,980円 4,309円
割引提供価格
(11月6日現在)
2,980円 4,980円 4,580円 3,498円
インストール台数 5台 1台 5台 5台
素材数 30万点以上 45万点以上 15万点 2.5万点
素材の特徴 新着年賀状テンプレート
2,000点以上
日本三大友禅、葛飾北斎
デザイン年賀状
フォント数 152書体 147書体 151書体 151書体
文例 1,511文例 2,742文例 306文例 1,970文例
クラウドバックアップ
サポート 2019年3月末まで 2019年3月末まで 2019年3月末まで
サポート種類 電話、メール、リモート 電話、メール 電話、メール 電話、メール
特典 オールカラーガイドブック
動画
ソフト2本搭載
スペシャルデザイン
流麗行書体
MacのわかりやすいUI
iCloud連携
松坂牛3万円相当が当たる?
特徴的な機能 写真切り抜き
おもしろ顔スタンプ
素材パレット
年賀状デザインナビ
写真自動レイアウト
宛名デコ
Macの使いやすさを追求 お絵かきデコ
2016年シェア 25% 45.4% 1.3% Win版:27.4%
Mac版:0.3%

筆王Ver.22の特徴

キャッチコピー: 年賀状を、家族みんなで楽しく作る
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王パッケージ

初心者にはうれしい付属品があります。オールカーラーガイドブックが付いているので実際の画面をみながら操作しやすいです。また、はがきの作り方がひと通りわかる動画が公開されています。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王ガイドブック

筆王を買うと、おまけで、ラベル印刷できる「ペタット ラベル印刷 2」と、自分で書いた文字を撮影して取り込むと癖を捉えて手書き風フォントが作れる「まるで手書き for 筆王」ソフトが付いています。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王ソフト2本搭載

写真の人物を自動認識して、顔に対して動物の鼻や耳を自動配置してくれる、おもしろ顔スタンプ機能があります。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王おもしろ顔スタンプ

写真の一部を特定の形状で型抜きでき、フレームを付けることもできます。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王型抜き フレーム

写真に写り込んでしまった不要なものをなぞるだけで消して修正できる機能があります。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王不要なものを修正

複数の写真が必要ですが、集合写真で目を閉じたり、視線が違ったりした分に別の写真の良いところ合成してベストショットが作れます。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王ベストショット

写真の背景を削除して簡単に切り抜きして合成することができます。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王背景除去

複数の写真をレイアウトしたいときに、枚数に応じてプロ並み自動レイアウトができます。

手書きで絵を書いたり、ころころスタンプで簡単に装飾できます。

写真のアートフィルタ、エフェクト効果を買えて雰囲気を変えることができます。

動画からベストショットを写真として切り出す機能

カメラで書類を撮影したときに台形になってしまった写真をピタリ四角に修正してくれる機能

素材数30万点以上、新着デザインが2,000点以上あります。昨年は30〜40代女性をターゲットにした素材を追加しましたが、今年は50代以上男性をターゲットにして素材を追加しています。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王素材

宛名面は長い住所、連名など自動できれいにレイアウトします。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆王レイアウト

音声ガイド機能があります。人口音声にはマツコ・デラックスさんのロボットで有名なマツコロイドに採用されている「かんたん!AITalk」を使っているそうです。

筆まめVer.28の特徴

キャッチコピー: 格調高い年賀状が簡単に
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆まめパッケージ

毎年恒例のスペシャルデザインがあり、今年は日本三大友禅(京友禅、加賀友禅、東京手描友禅)・葛飾北斎 年賀状デザインです。おもしろいのが塗り絵ができる素材が用意されています。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆まめスペシャルデザイン

こだわりの毛筆フォント「流麗行書体」があり、宛名面のレイアウトはプロ書道家監修の美麗レイアウトがあります。
毛筆フォントは手書き風で美しいのですが、連名で「様」が並ぶと、まったく同じ形なので違和感があります。そこでよく見ると「様」が少し違いますよね。このこだわり僕は大好きです。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆まめ宛名

宛名面にマンガを書いた痛年賀が一時期流行りましたが、筆まめでは、宛名を遊ぶアイデアとして宛名デコ機能があります。

年賀状のハガキを何枚購入すればよいか、毎年悩みますよね。住所録をしっかりと管理できていれば、条件を入力するだけで、枚数が分かります。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆まめ年賀状枚数

毎年、機能を追加して使い勝手は良くなっていきますが、初心者には機能が多すぎて逆に難しくなります。そこで筆まめでは「はじめてモード」があり、デザイン面、宛名面がそれぞれ一画面で完結する分かりやすいモードがあります。
ソフトに付いているテンプレートをそのまま使う方は少なく、一部でも変更したいと思う方が大半です。そこで、年賀状の一部を変えてバリエーションを自動表示する機能があります。

筆まめには2つの「あか」と「みどり」のパッケージがあります。あかは新規で購入時、みどりは旧筆まめを持っていたり、他の年賀状ソフトを持っている方が対象です。間違えて購入しないように注意してください。
ソースネクスト 年賀状ソフト 筆まめあかとみどり

宛名職人24の特徴

キャッチコピー: 定番のMac用年賀状ソフト
ソースネクスト 年賀状ソフト 宛名職人パッケージ

Macに特化した年賀状作成ソフトです。今年は史上最高の宛名職人として、100項目の改善を実施しました。
もともとのMacユーザーは、デザインを作ったりするのが得意だったの宛名職人自体には機能が少なかったのですが、デザイン面では、キーワード検索、写真アプリとの連携機能でドラッグ&ドロップで写真を配置、アイテムの回転などの操作性を改善しています。

僕は宛名職人ユーザーなのですが、かなり古いバージョンを使っています。今回、バージョンアップをオススメする一番の理由がiCloud連携機能です。iPhoneユーザーであれば、連絡先はiPhoneで管理していると思います。これが連携できるのです。素晴らしいです。
ソースネクスト 年賀状ソフト 宛名職人連絡先

まとめ

ソースネクストさんのご厚意で「宛名職人24」をいただけました。過去のバージョンのデータもあるのですが、新しく作り直してみました。iPhoneで管理しているiCloudにある連絡先のデータと連携できるのが楽でいいですね。殆どの年賀状ソフトが住所管理しているソフトからデータを吐き出してから、それを年賀状ソフトに取り込むという手間がかかりますからね。iCloudで連絡先が増えたら、シンクロするだけなので本当に楽です。

最近は、ネットプリントやコンビニプリントがあるので、プリンターが不要になってきました。毎年、足りない色のインクを購入したり、いざプリントするとインクが固まっていて使えなかったりと、プリンターのメンテナンスが大変だったので、僕はプリンターは処分してしまいました。

年賀状ソフトに1つ要望があります。僕は毎年100枚ほど年賀状を作るのですが、印刷後に宛先毎に手書きコメントを残しているのですが、これが一番大変な作業なのです。手書きにこだわる必要はないので、デザイン面も宛先毎にコメントが追加できると嬉しいな! (心の叫び)

長々と書きましたが、ソースネクスト社で聞いて見て触って感じた商品をオススメする方は、
とにかく簡単に安く済ませたいなら「筆王」、
細部にこだわりたいなら「筆まめ」、
Macなら「宛名職人」です。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

ソースネクストeSHOPで見る

ソースネクストeSHOPで見る

ソースネクストeSHOPで見る

関連記事