ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

春の新作文具 スティック型のはさみがあるって知ってましたか?

calendar

reload

STICKYLE ボーテはさみ比較

こんにちは、ヒーニョンです。
ロフトの春の新作文具展示会で発表された、オススメ文具の紹介の続きです。
ロフトネットストア

スポンサーリンク

スティック型はさみ

今回紹介するのはSTICKYLE(スティッキール)です。恥ずかしながら、僕は初めて知りました。
STICKYLE 0タイトル

スティック型のはさみなんですね。この形だとペンケースにスッキリと入れることができて良いですね。名前ですが、「STICK(棒) + 切る」かと思ったら「STICK(棒) + STYLE(姿)」の造語だそうです。現在、はさみだけでなくホッチキスの「スティッキール ステープラー」と虫眼鏡が付いた「スティッキール ルーペ」があります。
STICKYLE 1基本

学生さんに人気だそうで、配布されたプリントを切るのに使っているようです。2011年から販売されています。知らなかったです。
STICKYLE 2誕生

今回の新商品は、大人女子をターゲットにした「スティッキール ボーテ」が登場します。2017年1月末にロフトで先行発売されます。執筆時点ではまだ発売されていません。
STICKYLE 3大人女子

男子目線だと化粧品にしか見えないですね。まさか、はさみだとは到底思えないです。
STICKYLE 5デザイン

化粧品のポーチに入るように、従来品より、さらに小さくなっています。
STICKYLE 6コンパクトサイズ

大人女子は何を切るのかというと、商品タグを切ることを想定しています。はさみは円筒形のものを切るのが苦手らしく、それを克服するために、カーブ刃と直線刃を組み合わせています。言われないと気付かないですね。
STICKYLE 7切れ味

このはさみの良いところは、バネが付いていて自力で開くことです。
STICKYLE 8バネ

価格が1,000円です。前のスタンダードなタイプが500円ですので少し高いですね。
STICKYLE 4価格

お店には、こんな感じで並びます。男子は近づけないですね。
STICKYLE ボーテ商品陳列

PRしている男性写真はDa-iCEというらしいです。僕にはついて行けないです。スティッキールとデビュー時期が同じだそうです。商品と一緒にキュンとする写真をツイートすると賞品が当たるキャンペーンを2017年2月1日〜3月20日まで開催するそうです。詳しくはこちらへ
STICKYLE ボーテカラバリ

実物をみるとクオリティは流石に高いですね。やっぱり化粧品にしか見えないので、青色でも男子には無理ですね。
STICKYLE ボーテ本体

キャップを外すとはさみに変形します。これは簡単ですね。
実際に紙を切ってみましたが、小さすぎて切り辛いこともなく、普通に切れますし、バネが付いているので逆に切りやすいですね。
STICKYLE ボーテはさみ

左の小さい方がボーテで、右にある1本大きいのがスタンダードタイプです。ボーテはかなり小さくなっています。
STICKYLE ボーテ比較l

男性にはスタンダードタイプが良いですね。僕はキャンプに持って行きたいですね。でも耐久性が気になります。
STICKYLE ボーテはさみ比較

展示会にはスタンダードタイプが1本しかなかったのですが、ロフトに行ってみると、たくさんのカラーバリがあり、キャラクター物もたくさんありました。今まで何故気付かなかったのだろう?
STICKYLE ロフト陳列

まとめ

文房具はこういったアイデア商品があって楽しいですね。
次に紹介する商品も驚きのアイデアですよ!
次の記事「春の新作文具 写真が動き出す驚きの世界」です。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます


スティッキール はさみ(ロフトネットストア)


スティッキール ホッチキス(ロフトネットストア)


スティッキールルーペLK(ロフトネットストア)

関連記事