ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

東京ゲームショウ2019で見たDELLの新しいALIENWARE

calendar

TGS2019-DELL 綺太郎

こんにちは、ヒーニョンです。
DELLさんのご厚意で、東京ゲームショウ2019の入場チケットをいただいたのでいってきました。
僕はビジネスディの参加で一般公開日より人は少ないのですが、人気のタイトルは行列ができて1時間待ちになっていました。会場も広く出展も多いので、1日ですべてを見るのは不可能だと感じました。来年機会があったら一泊して2日間じっくり見たいです。

この記事ではDELLのブースに展示してあった新製品ALIENWAREの紹介です。
TGS2019-DELL 幕張メッセ

スポンサーリンク

目次

DELLブース

DELLブースは広くてスタジオまであり、プロゲーマーのインタビューや試合などがおこなわれていました。
入口の一番目立つところにALIENWAREの新製品が展示されていました。
TGS2019-DELL ブース

NEW ALIENWARE AURORA

前モデルは角張った形状だったのですが、新モデルは未来を感じる丸みのある形状です。これは空気の流れ(エアフロー)をより効率的にスムーズにさせるため生まれたデザインです。ジェット機のエンジンのようでもあるし、有名掃除機メーカーの扇風機のようでもあります。空気の流れを考えると行き着くところは同じなのかなぁ
カラーは2色ありシルバーホワイトまたはダークグレーが選択できます。
TGS2019-DELL NEW-ALIENWARE-AURORA-正面

本体はミドルタワー型クラスの大きさで、高さ:481.6 x 幅:222.8 x 長さ: 431.9mmです。
9月12日発売で、価格は14万9980円から(税別・送料込み)です。

前面ポートは次のインターフェイスがあります。

  • 1 x ヘッドフォン/ライン出力
  • 1 x マイク/ライン入力
  • 2 x Type-A USB 3.1 Gen1
  • 1 x Type-A USB 3.1 Gen 1(PowerShareテクノロジー搭載)
  • 1 x Type-C USB 3.1 Gen 1

前面のType-CはGen2ではありませんが、背面ポートにGen2がそろっています。
TGS2019-DELL NEW-ALIENWARE-AURORA-側面

背面ポートは次のインターフェイスがあります。

  • 1 x S/PDIFデジタル出力(TOSLINK)
  • 1 x S/PDIFデジタル出力(Coax)
  • 5 x Type-A USB 2.0
  • 1 x Type-C USB 3.1 Gen 2(PowerShareテクノロジー搭載、最大15 W)
  • 3 x Type-A USB 3.1 Gen1
  • 1 x Type-A USB 3.1 Gen 2
  • 1 x RJ45 Killer E2500ギガビット イーサネット
  • 1 x フルサイズのDisplayPort 1.2 出力
  • 1 x マイク入力
  • 1 x ライン入力
  • 1 x ライン出力
  • 1 x センター/サブウーハー出力
  • 1 x 背面サラウンド出力
  • 1 x 側面サラウンド出力

TGS2019-DELL NEW-ALIENWARE-AURORA-背面

ALIENWARE AURORAの魅力は拡張性にあります。次のようなカスタマイズができます。

  • CPUはCore i5-9400 ~ Core i9-9900Kまで、オーバークロック対応の水冷オプションあり
  • GPUはGeForce GTX 1650 ~ GeForce RTX 2080 Tiまで
  • メモリの容量は8GB ~ 64GBまで、クロックは2666MHzと3200MHz
  • ストレージは2機まで可能です。M.2 PCIe NVMe SSDは256GB ~ 2TB

ちなみに可愛い女の子キャラはALIENWARE AURORAのイメージキャラです。名前はないそうです。トップの写真でコスプレしているのは綺太郎さん(@kitaro_cos)です。イラストに負けず可愛かったです。
TGS2019-DELL NEW-ALIENWARE-AURORA-イメージキャラ

ALIENWARE 27インチ ゲーミング モニター AW2720HF

10月23日発売開始で、57,300円(税別・送料込み)です。
TGS2019-DELL ALIENWARE-27インチ-ゲーミング モニター-AW2720HF-正面

27インチで解像度1920 x 1080(16:9)です。4Kではありませんが、リフレッシュレートが240Hzで、応答時間1msと驚異の速度です。FPSするなら羨ましいスペックです。
TGS2019-DELL ALIENWARE-27インチ-ゲーミング モニター-AW2720HF-スタンド

背面もオシャレです。
TGS2019-DELL ALIENWARE-27インチ-ゲーミング モニター-AW2720HF-背面

ALIENWARE 34インチ 曲面ゲーミング モニター AW3420DW

10月23日発売開始で、120,350円(税別・送料込み)です。
TGS2019-DELL ALIENWARE-34インチ-曲面ゲーミングモニター-AW3420DW-正面

34インチで解像度3440 x 1440(21:9)です。リフレッシュレートは120Hzで、応答時間2msです。
TGS2019-DELL ALIENWARE-34インチ-曲面ゲーミングモニター-AW3420DW-背面

局面モニターいつかは手に入れたい製品です。これ2つ並べるのが夢なんです。
価格もだいぶ落ちてきましたが、まだ10万円超えてます。
TGS2019-DELL ALIENWARE-34インチ-曲面ゲーミングモニター-AW3420DW-スタンド

ALIENWARE 55インチ OLEDゲーミング モニター AW5520QF

10月2日発売開始で、350,900円(税別・送料込み)です。
TGS2019-DELL ALIENWARE-55インチ-OLEDゲーミングモニター-AW5520QF-正面

OLEDとは有機ELディスプレイのことです。iPhone Xで採用されてディスプレイです。
54.6インチで解像度3840×2160(16:9)の4Kです。リフレッシュレートは120Hzで、応答時間0.5msです。

OLEDは薄くできる特徴があるのですが、本体を横から見ると凄く薄いのに驚きます。
TGS2019-DELL ALIENWARE-55インチ-OLEDゲーミングモニター-AW5520QF-側面

この大きさで背面を見れる場所に設置できるかは不明ですが、鏡のように反射してオシャレです。
TGS2019-DELL ALIENWARE-55インチ-OLEDゲーミングモニター-AW5520QF-背面

まとめ

新製品は発売前のものもあり実際に触ることはできませんでした。スタッフの方も忙しそうで、あまり話せなかったのですが、それでも製品の特徴など教えてもらえ楽しかったです。
ALIENWAREを実際に見れる場所は少ないのですが、秋葉原の電気街口を出て直ぐのところにALIENWARE STORE AKIBAがあり、じっくりと触れる空間があるので気になる方は利用してみてください。運が良ければプロゲーマーが生配信していることもあるそうです。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

デル株式会社

関連記事