ガジェグル

業務スーパーでそろう、いつでも、たこ焼きが作れる保存が利く便利な食材

time 2018/01/16

いつでもたこ焼き タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
たこ焼きが、急に食べたくなるのですが、準備が面倒なのが嫌なんですよね。お店で買ってもいいのですが、ガッツリ食べると高くつきます。

sponsored link

材料

そこで、業務スーパーで見つけた、いつでも、たこ焼きが作れる保存が利く便利な食材を見つけたので、実際に作ってみました。
いつでもたこ焼き 業務スーパー材料

タコ

たこ焼きを作るのに保存が利かないのがタコなのですが、なんと業務スーパーのタコは冷凍なのです。
「たこぶつ岩だこ」という商品です。
いつでもたこ焼き タコ

スーパーで買うと、タコは茹でてあることが多いのですが、業務スーパーは生ダコを冷凍してあります。
いつでもたこ焼き タコ 説明

小さく切ってあるので料理がしやすいです。
いつでもたこ焼き タコ 中身

たこ焼きを1回焼くと16個必要で、取り分けてみると約70gあります。たこ焼きのタコとしては、少し大きめですが、タコは大きい方がいいですよね。
全部で1kg入りなので、たこ焼き230個分になります。
価格は1,480円なので、100g当り148円になります。スーパーの半額で安いです。
いつでもたこ焼き 16個分

ネギ

長ネギも保存しにくい食材すが、業務スーパーでは冷凍されています。
以前の記事「業務スーパーの「青ねぎ」は使い勝手がよくオススメ」で紹介した青ねぎでもいいのですが、僕は、たこ焼きなら「長ネギ」が好きです。
「冷凍白ネギカット」という商品です。
いつでもたこ焼き ネギ

500gで148円です。これも安いですね。
いつでもたこ焼き ネギ 説明

もちろん、刻んであるので料理しやすいです。
いつでもたこ焼き ネギ 中身

紅しょうが

紅しょうがは好き嫌いがありますが、僕は有るなら入れたいです。業務スーパーでは、たこ焼きに入れやすく、みじん切りにしてあります。
いつでもたこ焼き 紅ショウガ

容量も少なめの100gなので、たこ焼きなら4回焼いたらなくなります。
開封しなければ保存も利くので使いやすいです。
いつでもたこ焼き 紅しょうが 説明

天かす

たこ焼きには必需品の天かすです。たっぷり入れるのが好きなのですが、スーパーでは、小さいのしか売ってなかったりしますが、業務スーパーでは、業務用サイズもありますが、お手頃な大きさの90gが使いやすいです。
いつでもたこ焼き 天かす

一袋90gでたこ焼き3回焼くとなくなります。
味も3種類あって、レギュラー、えび、イカです。価格は一袋83円です。
いつでもたこ焼き 天かす 説明

その他

たこ焼きに必要なその他の材料も業務スーパーで揃います。
青のりは30gで68円、小麦粉は99円でした。
いつでもたこ焼き その他

生地

たこ焼き1回分(16個)焼くのに必要な生地は卵が1個分の食材が必要なのですが、生地を作るのが面倒なので2回分作っています。翌日までは保ちます。
材料の詳細は以前の記事「大阪人に教わった本場のたこ焼きレシピ これはうまい」を参考にしてください。
いつでもたこ焼き 生地

焼く

凍ったまま入れても大丈夫ですが、冷凍タコが固まって引っ付いている場合は、水にさらすとバラバラになります。
いつでもたこ焼き 焼く1

タコの大きさは、少しハミ出ますが問題ない大きさです。
いつでもたこ焼き 焼く2

タコもネギも凍っていましたが、うまくできました。
下ごしらえで面倒な、タコ、ネギ、紅しょうがのみじん切りの必要が無いのが助かります。気軽にたこ焼きが作れるようになりました。
いつでもたこ焼き 焼く3

実食

ソース、マヨネーズ、青のりをかけて完成です。
いつでもたこ焼き 実食1

中はトロトロにできています。
いつでもたこ焼き 実食2

気になるのは、タコの歯ごたえが少ないと感じますが、安いので仕方ないのかな。でもたこ焼きとしては、とても美味しくできました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ