ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

歴代Apple Watch進化の記録

calendar

reload

歴代AppleWatch アクティビティ

こんにちは、ヒーニョンです。
この記事は、Apple Watchの進化を記録として残しておきます。

スポンサーリンク

目次

無印(第1世代)

2015年4月24日発売され、当時の価格は42,800円(税抜)からでした。
Appleスペシャルイベント記事: 「2015年Appleスペシャルイベントまとめ
歴代AppleWatch 無印

外観

  • 38mm: 縦38.6 x 横33.3 x 厚さ10.5 mm(272 x 340ピクセル)
  • 42mm: 縦42.0 x 横35.9 x 厚さ10.5 mm(312 x 390ピクセル)

ケース素材: アルミニウム、ステンレススチール、18K
ディスプレイ: 感圧タッチ対応OLED Retina(450ニト)
ガラス素材: Ion-Xガラス(アルミニウム)、サファイアクリスタル(ステンレススチール、18K)

通信

Bluetooth 4.0
Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)

センサー

心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサー

環境

駆動時間: 最大18時間
IPX7等級の防沫性能
ストレージ容量: 8GB

watchOS

watchOS 5から非対応

Series 1

series2登場に合わせ、無印の替わりに同スペックのものが発売されました。

Series 2

2016年9月16日発売され、当時の価格は37,800円(税抜)からでした。
Appleスペシャルイベント記事: 「2016年9月Appleスペシャルイベントまとめ
歴代AppleWatch Series2

外観

形状は厚みが10.5 mmから11.4mmに増えました。

ケース素材: アルミニウム、ステンレススチール、セラミック ※18Kは無くなった
ディスプレイ: 第2世代の感圧タッチ対応OLED Retina(1,000ニト)

通信

内蔵GPSが付き、Apple Watch単体のワークアウトでGPSログが残せる
FeliCa対応されSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払いが可能になった

環境

50メートルの耐水性能

チップ

デュアルコアプロセッサ

Series 3

2017年9月22日発売され、当時の価格は36,800円(税抜)からでした。
Appleスペシャルイベント記事: 「2017年9月Appleスペシャルイベント 久々のOne more thing
歴代AppleWatch Series3

外観

ディスプレイ: 第3世代の感圧タッチ対応OLED Retina

通信

セルラーモデルが選べるようになった(eSIM)

センサー

気圧高度計

環境

容量: 16GB(セルラー)、8GB(GPS)

チップ

高速なデュアルコアプロセッサ(初代より70%高速)

Series 4

2018年9月21日発売され、当時の価格は45,800円(税抜)からでした。
Appleスペシャルイベント記事: 「2018年9月Appleスペシャルイベント 僕は新型iPhone買い替えません!
歴代AppleWatch Series4

外観

サイズが大きくなりディスプレイの表示領域が30%以上拡大。

  • 40mm: 縦40 x 横34 x 厚さ10.7 mm(324 x 394ピクセル)
  • 44mm: 縦44 x 横38 x 厚さ10.7 mm(368 x 448ピクセル)

ケース素材: ステンレス、アルミニウム ※セラミックは無くなった
ディスプレイ(角丸): 感圧タッチ対応LTPO OLED Retina(1,000ニト)
最大8つのコンプリケーションが表示できる新しい文字盤「インフォグラフ」が追加

デジタルクラウンに触覚的な反応(クリック感)

通信

Bluetooth 5.0

センサー

電気心拍センサー
光学式心拍センサー
加速度センサー(最大32G)とジャイロスコープが進化し転倒検出
デジタルクラウン頭部に指先を30秒当て心拍数を測定できる心電図(ECG)機能(日本では未提供)

環境

容量: 16GB

チップ

S4(64ビットデュアルコア)※S3チップと比較して最大2倍速い
W3チップ

Series 5

2019年9月20日発売 され、当時の価格は42,800円(税抜)からでした。
Appleスペシャルイベント記事: 「2019年9月Appleスペシャルイベント 僕が買うものは…
歴代AppleWatch Series5

外観

アルミニウム、ステンレススチール、セラミック(復活)、チタンモデル(新素材)
ディスプレイ: 感圧タッチ対応LTPO OLED 常時表示 Retina

センサー

内蔵コンパスで向いている方向がわかる

環境

最大18時間(ディスプレイ常時表示機能)
容量32GB

チップ

S5チップ(64ビットデュアルコア)※S3チップと比較して最大2倍速い
W3チップ

まとめ

watchOSの進化によって過去の機種でも機能が増えるので、この記事ではハード特有の機能についてまとめました。

新機種がでたら記事も更新します。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

Apple Watch無印のレビュー

Apple Watch Series5のレビュー