ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

静岡県富士市では、かぐや姫が月へは帰らない!?

calendar

reload

こんにちは、ヒーニョンです。

「竹取物語」といえば、日本人なら誰でも知っている物語ではないでしょうか

竹取物語
日本の物語。成立年、作者ともに未詳。『竹取物語』は通称で、『竹取翁の物語』とも『かぐや姫の物語』とも呼ばれた。また、現代は『かぐや姫』というタイトルで、絵本・アニメ・映画など様々な形で出版されている。
wikipedia

一般的な認識では、かぐや姫は月に帰る話だと思います。でも静岡県の富士市では違うのです! そこで富士市にある「竹採公園」に行ってみました。
竹採公園入口看板

木曜日と年末年始がお休みです。行くときは注意してください。
竹採公園看板下側

小さいですが駐車場もあります。
竹採公園入口

小さいですが、見所はたくさんあるようです。
竹採公園案内図

休憩所があります。どうやら管理人もいなく無人のようです。
竹採公園休憩所

雰囲気ありますね。
竹採公園水琴窟

竹林だと思ったのですが、木もたくさん生えています。
竹採公園神来の庭

富士市に伝わる竹取物語では、かぐや姫はなんと「富士山」に帰ったそうです!!! (゜o゜;;
富士市役所のWebページに詳しく「富士市に伝わる竹取物語」が書いてありますので参照してください。
竹採公園物語

静かな所です。心が穏やかになります。左側へ昇っていきます。
竹採公園左上が白隠禅師墓所

ここが竹採塚です。塚には「竹採姫」と刻まれた石が置かれています。ここにかぐや姫がいたと思うと考え深いです。会ってみたかったです。
竹採公園竹採塚

竹採公園で一番奥で高いところに「大池」があります。現在は水は貯まっておらず、変わりに砂利が引いてあります。
竹採公園大池

帰りは下り坂です。ここは竹がたくさんあります。
竹採公園帰り下り通路

スポンサーリンク

まとめ

あっという間に1周してしまうほど小さな公園ですが、綺麗に整備されています。僕は休日に行ったのですが誰もいませんでした。場所も分かりにくいのですが、余り知られていない場所のようでした。

よかったら行ってみてください。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

竹取物語: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)

池田 理代子 小学館 2014-02-25
売り上げランキング : 39015

by ヨメレバ

関連記事