ガジェグル

2018年10月Appleスペシャルイベント 待望のアップデート

time 2018/10/31

AppleSpecialEvent201810 タイトル

sponsored link

目次

Appleスペシャルイベント開催

こんにちは、ヒーニョンです。
2018年10月30日(日本時間PM23:00) よりAppleスペシャルイベントが開催されました。いつもなら日本時間AM2:00という日本人にはキツイ時間帯なのですが、開催がニューヨークだったためPM23:00からと視聴しやすかったです。公演時間は約1時間30分でした。
AppleSpecialEvent201810 NY開催

Appleスペシャルイベントの招待状にはヒントが隠されているのですが、今回はいろいろなデザインをしたリンゴマークでした。その意味はクリエイターに向けた製品発表を意味していたようです。
AppleSpecialEvent201810 招待状のロゴ

長らくアップデートされずディスコンされるのではないかと囁かれていた、あの2つの製品が登場しました。
AppleSpecialEvent201810 Mac

2018.11.01追記: Appleから公開された動画

MacBook Air

リーク情報がなかったので、驚きと歓喜でわいたMacBook Airのリニューアルです。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir

伝統のクサビ型形状なので、まちがいなくMacBook Airです。いろいろな機能を搭載してきました。
第8世代のCUPを搭載です。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir 仕様

キーボード右上の電源ボタンがTouch ID対応になっています。ファッションショーは物理キーでTouch Barではありません。僕はTouch Bar使ってないから、今後無くなるのかな。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir TouchID

トラックパッドもかなり大きくなっているようです。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir トラックパッド

そしてついにインターフェースはUSB-C(Thunderbolt3)x2になりスッキリとしています。
残念ながら、SDカードスロットは無くなっています。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir IO

CPUは第8世代のi5です。カスタマイズでi7が選べないのが残念なところです。発熱の問題なんでしょうかね?
こうなると性能を重視するならMacBook Proの選択になります。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir CPU

大きさは17%小さくなっています。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir サイズ

カラバリは3色でスペースグレイ、ゴールド、シルバーです。
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir カラバリ

価格は134,800円(税別)からです。(i5、8GB RAM、128GB SSD)
AppleSpecialEvent201810 MacBookAir 価格

非Retinaモデルも販売は継続されるようです。競合製品として比較されるのがSurface Laptop2になります。価格差は構成を揃えるためにi5, 8GB RAM, 256GB SSDの税別価格で比較しています。

MacBook Air
Retina
MacBook Air Surface Laptop2
サイズ 30.41×21.24cm 32.5×22.7cm 30.81×22.327cm
厚み 0.41~1.56cm 0.3~1.7cm 1.448cm
重量 1.25kg 1.35kg 1.252kg
バッテリー
動画再生時間
13時間 12時間 14.5時間
価格(税別)
i5, 8GB RAM,
256GB SSD
156,800円 120,800円 146,800円

非RetinaモデルのCPUは第5世代と古いので性能はかなり落ちますが、3製品とも似てますね。

Mac mini

僕がもっているMac mini(Late 2014)から4年経過し、やっとのアップデートです。
AppleSpecialEvent201810 Macmini

本体カラーはスペースグレイになります。
AppleSpecialEvent201810 Macmini グレー

インターフェースで注目はUSB-C(Thunderbolt3)が4つも付いているところです。Thunderbolt3から外部ディスプレイ2台、そしてHDMIポートから1台の合計3台の外部ディスプレイ表示に対応しています。
SDカードスロットは無くなりました。オーディオもマイクがないですね。兼用のプラグなんでしょうね。
AppleSpecialEvent201810 Macmini IO

CPUは第8世代でi5とi7が選べます。
4年前のminiと比較すると格段に処理能力が上がりました。
AppleSpecialEvent201810 Macmini 仕様

価格は89,800円(i3、8GB RAM、128GB SSD)からです。恐ろしいのがモリモリ構成です。i7、64GB RAM、2TB SSDが452,800円です。エントリーからプロユーザーまで網羅する幅広い構成となっています。
AppleSpecialEvent201810 Macmini 価格

iPad Pro

iPad Proは昨年に続きアップデートです。
形状が大きく変わり、角丸ディスプレイでホームボタンが無くなってます。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro

10.5インチモデルは11インチへ進化し上下のベゼルが狭くなったぶん少し小型化しています。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro11インチ

12.9インチモデルはインチはそのままにベゼルが狭くなり大きく小型化しています。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro12 9インチ

厚みは1mm薄くなり5.9mmです。丸みが無くなったのでiPhone5のような感じで僕は好きなデザインです。心配なのが持ち上げるときに引っかかりがないので片手で取れるのかな?
AppleSpecialEvent201810 iPadPro厚み

ホームボタンが無いので指紋認証がなくなり、代わりにFace IDの顔認証になります。縦向きでも横向きでも認証するようです。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro センサー

AppleSpecialEvent201810 iPadPro 仕様

とうとうLightningからUSB-Cへと変更されました。
外部機器と接続の相性が良くなっていくでしょうし、充電速度も期待できます。これからLightningが姿を消していくのでしょうね。
残念なのがUSB-C採用で薄型化したのでイヤホンジャックがさり気なく無くなっています。USB-Cからの変換アダプターが別途発売されますが、問題になる方も多そうです。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro USB C

Apple Pencil(第2世代)の登場です。残念ながら今回発表の新しいiPad Proでしか対応しないようです。
物理的なボタンがないのはAppleらしくて、代わりに2回タップのジェスチャーを認識するそうです。ペンシル回しする癖がある方もいると思うのですが、誤認識が気になりますね。
AppleSpecialEvent201810 ApplePencil

iPad Proの側面の丸みを辞めた理由がApple Pencilをマグネットで固定するためだったようです。マグネット固定ができるだけでも嬉しいのですが、充電できるのが便利です。そのためApple Pencilのキャップが無くなり、固定部分がフラットになりました。これってSurface Penに似てますね。
AppleSpecialEvent201810 ApplePencil 充電

別売りのSmart Keyboard Folioが併売されます。Apple Pencilをマグネットで取り付ける関係で側面の保護がありません。背面にマグネットで固定しているそうです。Smartコネクターも背面に移動したので、スタンドは角度が2段階で調整できるようになりました。
ケースメーカーはどうするのかな? 側面も保護したいと思う方もおられるでしょうしね。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro SmartKeyboardFolio

iPad Proはスペック的には2-in-1パソコンなんですよね。ただ残念なのがパソコンとして使うにはアプリが無いんです。
Adobeが先日発表したPhotoshopの完全版がiPadで動かせるようになるとのことですので、近い将来iPadはパソコンの代わりになるかもしれませんね。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro Adobe

価格は11インチが89,800円(税別)からで、12.9インチが111,800円(税別)からです。
パソコンとして使えれば安いのですが、僕はタブレットは4万円くらいのイメージなので高く感じますね。
僕が持っている10.5インチも併売され価格は変わらず69,800円(税別)からです。
AppleSpecialEvent201810 iPadPro 価格

Today at Apple

Appleのリアルストアに行くと、無料セミナーやってるんですよね。席が空いていれば自由参加できて楽しめます。でも事前に何をやっているかを知って、受けたいセミナーに行ったほうがよいわけで、その情報が見やすくなるそうです。
Appleのリアルストアに脚を運べない方も多いと思うので、ネット配信もして欲しいですね。
AppleSpecialEvent201810 TodayatApple

まとめ

で、僕が買うのか買わないかですが、Appleスペシャルイベントを見て、一通りサイトの情報を見て決断したのは「買わないです」
先日の9月イベントより購買意欲は増したのですが、僕の生活には不要だと判断しました。
理由としては、
MacBook Airは上位機種MacBook Proを持っていて、持ち歩くには重さが気になっていますが、処理速度は落としたくないからです。
Mac miniは先代のLate 2014を現役で使っていますが、重たい作業はやらないので不満がないのです。VRやゲームで外部GPUが必要だったら購入してますね。
iPad Proは10.5インチを持っていてタブレットとして不満なく使えていて、アプリが無いのでパソコンの代わりにはなりえないです。

実は密かに期待していた製品があったんです。それはApple TVです。最近プロジェクターを購入しまして、iPad Proを繋ぎ大画面で動画を見ているのですが、不満があるんです。リモコンが無いので、操作するのに重い腰を上げる必要があるんです。昔のリモコンがないTVを見ているような感じです。そこでApple TVが欲しいと思っていたのです。Apple TVのリモコンは操作感が良いのは実機をさわって知っているので、これでiPadやiPhoneが操作できたら完璧なんだけどなぁって妄想していました。これがあればプレゼン用のリモコンとしても使えて売れると思うんだけどなぁ
AppleSpecialEvent201810 終了

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

Apple基調講演の歴史

2018年10月
本記事
2018年9月
2018年9月Appleスペシャルイベント 僕は新型iPhone買い替えません!
2018年6月
2018年6月 WWDC18 ハードウェアの発表はなく、OSのアップデートの話でした
2018年3月
2018年3月Appleスペシャルイベントは教育機関向け
2017年9月
2017年9月Appleスペシャルイベント 久々のOne more thing
2017年6月
2017年6月 WWDC17 は新しいハードが発表され華やかだった
2016年10月
待望のMacBookPro 2016年10月Appleスペシャルイベントまとめ
2016年9月
2016年9月Appleスペシャルイベントまとめ
2016年6月
WWDC16で発表された4つのOSのバージョンアップ
2016年3月
2016年3月Appleスペシャルイベントまとめ
2015年9月
Appleスペシャルイベント2015.9.9プログラマが見て感じたこと
2015年6月
WWDC15 プログラマが見て感じたこと
2015年3月
2015年Appleスペシャルイベントまとめ
1976年〜2011年
動画でおいかけるスティーブ・ジョブズの生涯

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ