ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » ガジェット » AMD Ryzenシリーズ(デスクトップ)CPU歴代ベンチマーク一覧表

AMD Ryzenシリーズ(デスクトップ)CPU歴代ベンチマーク一覧表

calendar

AMD-Ryzenベンチマーク タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
自作PCを安く作ろうと考えるとCPUはIntelよりAMDの方がコスパがよいイメージがあります。
そこで世代を加味した一覧表を作ってみました。

スポンサーリンク

目次

歴代Ryzenシリーズのベンチマーク 一覧表

CPUの性能を計るのにCINEBENCH R15のスコアを用いました。
対象としたCPUは AMD Ryzenシリースの第1世代以降のデスクトップ用です。

CPU コア/スレッド クロック CINEBENCH R15
Multi Single
Ryzen 9 3950X 16C32T 3.5-4.7GHz 4070 220
Ryzen 9 3900X 12C24T 3.8-4.6GHz 3170 210
Ryzen 7 3800X 8C16T 3.9-4.5GHz 2170 210
Ryzen 7 3700X 8C16T 3.6-4.4GHz 2120 210
Ryzen 5 3600X 6C12T 3.8-4.4GHz 1800 200
Ryzen 7 2700X 8C16T 3.7-4.3GHz 1780 180
Ryzen 7 1800X 8C16T 3.6-4.0GHz 1610 160
Ryzen 5 3600 6C12T 3.6-4.2GHz 1580 200
Ryzen 7 1700X 8C16T 3.4-3.8GHz 1540 150
Ryzen 7 2700 8C16T 3.2-4.1GHz 1530 170
Ryzen 7 1700 8C16T 3.0-3.7GHz 1430 140
Ryzen 5 2600X 6C12T 3.6-4.2GHz 1380 180
Ryzen 5 2600 6C12T 3.4-3.9GHz 1310 160
Ryzen 5 1600X 6C12T 3.3-4.0GHz 1250 160
Ryzen 5 1600 6C12T 3.2-3.6GHz 1150 150
Ryzen 5 1500X 4C8T 3.5-3.7GHz 800 150
Ryzen 5 1400 4C8T 3.2-3.4GHz 790 130

ナンバリングの見方

AMD Ryzenシリーズのナンバリング(型番)は「Ryzen 7 3800X」などと付けられています。
一見すると数値が羅列していて分かりにくいのですが、次のような意味があります。

  • Ryzen: ブランド名
  • 7: グレード(9 > 7 > 5 ※左ほど性能が高い)
  • 4桁数値の先頭 3: 世代(数値が大きいほど新しい世代)
  • 4桁数値の後ろ3桁 800: 型番(数値が大きいほど性能が高い)
  • X: 製品カテゴリー
    • X: 省電力よりも高性能を指向したデスクトップパソコン向け
    • 無印: 標準的な消費電力のデスクトップパソコン向け
    • G: GPUを統合するデスクトップパソコン向け

歴代Ryzenシリーズのベンチマーク グラフ

横軸を発売開始日にし、縦軸をマルチコアのスコアとした分散図を作ってみました。
Intel Core iシリーズのスコアを一緒にプロットすると、IntelとAMDの競争がわかります。
IntelのCPUについては「Intel Core iシリーズ(デスクトップ)CPU歴代ベンチマーク一覧表」の記事を参考にしてください。
Multi-Core-ベンチマーク

こうすると横軸が時間軸になるので、ムーアーの法則は崩壊したといわれますが、時間の経過とともに性能が飛躍的に良くなっているのがわかります。

時代とともに何がハイスペックかは変わっていきます。執筆時点で4つのレベルに色分けしました。

  • 赤い領域: ハイスペック
  • 紫の領域: 準ハイスペック
  • 青の領域: ミドルクラス
  • 水色領域: エントリー

ビデオカード(GPU)、メモリ、ストレージにもよりますが、

ハイスペックは本気で速くしたいときですね。
準ハイスペックなら負荷のかかる作業が何とかこなせる。
ミドルクラスならそこそこ何でもできる。
エントリーならブラジングなどの軽い作業ができる。

先に示したグラフはAMDのRyzenが先手をいっているのですが、これはMulti Coreのベンチマークでした。次にSingle Coreのベンチマークを見ると、Intelが先手のようです。
Single-Core-ベンチマーク

一概には言えませんが、Single CoreのIntel、Multi CoreのAMDといった感じです。

AMD社では次のように区別しています。
AMD-Ryzenベンチマーク ラインアップ

CPUの価格

次の表がよく比較されるAMDとIntelのCPU価格です。
価格は大きく変動するので執筆時点でAmazonの過去最低価格を抜粋しました。

AMD Ryzenシリーズ Intel Core iシリーズ
CPU Amazon
過去最低価格
CPU Amazon
過去最低価格
Ryzen 9 3900X 63,370円 Core i9 9900K 57,351円
Ryzen 7 3800X 50,738円 Core i7 9700K 44,980円
Ryzen 5 3600X 30,287円 Core i5 9600K 27,727円
Ryzen 5 3600 24,614円 Core i5 9600 26,728円

まとめ

デジタルフェアでAMDさんのセミナーを聞いたのですが、AMDのCPUはXboxやPS4に使われていて知らないうちに接していることが多いです。今年AMD設立50周年で、CPU販売シェアが50%超えたそうです。
AMD-Ryzenベンチマーク AMD50周年

会場にはマザーボードメーカーのASRockさんも来ていて話を聞けました。AMDはグラボなどの相性問題が多いのか聞いてみたのですが、基本的にはないそうです。あるとしたらマザーボードのメーカーの問題で、ASRockさんは、そうならないように頑張ってるそうです。
AMD-Ryzenベンチマーク ASRockマザーボード

僕は自作PCではAMDのCPUは買ったことがないのですが、コスパがよいので、タイミングがあえば挑戦してみたいと思いました。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます


関連記事