ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Apple Watch Series5 発売初日ファーストインプレッション

calendar

reload

AppleWatchSeries5開封の儀 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
今日2019年9月20日はiPhone 11の発売日です。そして僕が購入したApple Watch Series5の発売日でもあります。
朝からウキウキしてAppleストアに受け取ってきました。(^。^)
Apple信者歴は長いのですが、リアル店舗で受け取るのがはじめてで驚いたのが、スタッフは購入者にたいして「ありがとうございます」ではなく「おめでとうございます」なんですね。
リンゴマーク入の手さげ袋は、帰り道はほこらしげです。
AppleWatchSeries5開封の儀 Appleストア

スポンサーリンク

目次

開封の儀

Apple Watchのパッケージは駅弁の包み紙のような感じでかわいいです。
中には本体とバンドが別々の箱に入っています。
AppleWatchSeries5開封の儀 タイトル

本体の箱はムダに大きくない?と思ったのですが、
AppleWatchSeries5開封の儀 本体パッケージ

電源アダプターが入っていました。僕は初代Apple Watchのものがあるので付属品は使わず取っておきます。
AppleWatchSeries5開封の儀 本体パッケージ中身

デジタル・クラウンの頭部を見ると黒だったです。赤かと思っていたら、それはステンレスケースの方でした。
AppleWatchSeries5開封の儀 右側面

バンドは別途購入しようと思っていたので適当に好きな青色にしました。取り付けてみるとバンドの接続部が青なんですよね。これ似合ってるのかな?
スペースグレイのケースはバンド選びが難しいようで、ファンションセンスのない僕には失敗だったかもしれません。
AppleWatchSeries5開封の儀 バンド装着

半日使った感想

いままで使っていた初代Apple Watchは42mmと小さいのですがステンレスだったので、新しいSeries5のアルミは44mmなのにオモチャのように軽く感じます。しかしスペースグレイは高級感あります。
AppleWatchSeries5開封の儀 初代とSeries5

初代よりディスプレイが大きいので、テキストサイズを最大に設定しても違和感なく使えて見やすくなりました。知らなかったのが画面を2本指でダブルタップするとズームします。老眼の僕にはありがたいです。

触ってみて初代との違いをもっとも感じたのが反応速度です。まだ標準の機能しか使っていませんが、引っ掛かることなくスムーズに操作できます。これなら操作する気になれます。

30分のワークアウトをしてきたのですが、iPhone無しで行けるのがいいですね。ジャージの前ポケットにiPhone入れてたから気になって仕方ありませんでした。iPhone無しでGPSによるログは正確にとれていました。
Apple Watch単独で音楽を聞きながらワークアウトしたかったのですが、衝撃の事実を知りました。僕のプレイリストはAmazonミュージックなのですが、Apple Watchには非対応なのです。これだとiPhoneがまた必要になってしまいます。しかしAmazonミュージックを強引に聴く方法もあるみたいなので調べてみようと思います。

スポーツループをはじめて着けた感想は、軽くて、無段階に調整できるのがよいです。汗をかくと少し蒸れる感じがするのでスポーツシーンよりはカジュアル向きだと感じました。
AppleWatchSeries5開封の儀 バンド

Series5目玉機能のディスプレイの常時表示は、チラ見は便利です。手首を向けたときに反応しなくても大丈夫なところがよいです。この機能はオフにもできるのでバッテリー持続時間を伸ばすこともできそうです。気になっていたのが、電車で吊り革につかまっているときに通知内容が表示されるのは嫌だと思っていたのですが、設定で通知内容を非表示にできました。
AppleWatchSeries5開封の儀 大きい文字

まとめ

もう少し使い込んでみてから、再度レビュー記事を書きたいと思います。
ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す