ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

IIJmioの中古iPhoneってどうなのか?

calendar

IIJmioの中古iPhone タイトル
こんにちは、ヒーニョンです。
格安SIM会社のIIJmioが取り扱いはじめた中古iPhoneを見せてもらいましたのでレポートします。

スポンサーリンク

目次

なぜ中古品のiPhoneなのか?

IIJmioは以前からスマホの販売もしています。自社のSIMとのセット販売もありますが、キャリアと違って端末だけの販売もしています。

iPhoneも販売したいという会社の思いもあるそうなのですが、Apple社から販売権獲得するのは非常に難しいことだそうです。しかし、eSIMのサービス開始(ベータ版)にともない、Dual SIMに対応している最新モデルiPhone(XS,SR)をどうしても取り扱いたくなり、中古での販売をはじめたそうです。

この秋、販売されるであろう新型iPhoneも取り扱う予定ですが、中古市場なので発売当初は数が少ないと思われます。

中古品の品質

リユースモバイルガイドラインの評価基準A以上のものだけを仕入れているそうです。実機を手に取って見させてもらいましたが、どのiPhoneもガラス割れどころか、背面にも傷一つ見つけられないほどピカピカです。
IIJmioの中古iPhone XR

販売価格を安くするために少し傷が入っている状態のものを扱わないか質問すると、傷は個人によって感じ方が違うので、手に取って確認して購入できる店頭販売をしないIIJmioとしては扱いにくいとのことでした。

中古品で外装以外に気になることは、バッテリーの劣化状態です。最近のiPhoneはバッテリーの状態が一目で分かるので深刻です。
残念ながらバッテリーは中古品のままです。選んで購入することはできないので当たり外れがあります。しかし外装が綺麗なiPhoneだけに使用期間は短いと期待するしかないようです。
Apple公式サイトで「iPhone のバッテリー交換」で費用をみると、旧型が5,400円、新型7,800円でした。

取り扱う中古iPhoneはSIMロックは解除されていますが、Apple直販のSIMフリー版だとかドコモ、ソフトバンク、auのキャリアSIMロック解除版かは選べません。

iOSのバージョンは選べません。新しくするのは自分でできますが、古いOSが欲しいといったニーズには応えられないです。

価格

最新機種になると新品で買うより3千円ほどしか安くないのですが、古い機種ほどお得感があります。古いからといっても本体はピカピカですからね。
IIJmioの中古iPhone 価格表

とくに根強い人気のiPhone SEはAppleで新品の販売は終了していますから、小さなiPhoneが欲しい方には魅力的です。
IIJmioの中古iPhone SE

IIJmioでは、ある程度の在庫を確保できる流通を確保しているそうですが、それでもすぐに売り切れてしまう状況です。不定期に入荷しているので、欲しい方はIIJmioのサイトをこまめにチェックしましょう。もちろん端末のみの購入ができます。

保証

IIJmioとしての製品保証は30日です。Apple Careへの加入はできません。
保証外の修理は改造品ではないのでApple Storeで修理可能です。

IIJmioのSIMカード購入時だけの限定ですが、「つながる端末保証」オプション(月額500円)があり、修理費が無料になります。

注意事項

ACアダプター、ケーブルなどの付属品は一切付属しないそうです。化粧箱もリンゴのシールも無く、写真にある白い箱にiPhone本体のみが入って届くそうです。
付属品の細かな傷などでクレームになってしまうより、いっそう無いほうがシンプルでいいのでしょうね。

まとめ

僕は歴代のiPhoneでは、iPhone 5の形状が一番良かったと思っていますのでiPhone SEの中古品が気になります。執筆時点では16GBのピンクしか無いようです。人気のほどがうかがえます。
子供のスマホに24,800円で十分だと思います。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

IIJmioの公式サイトです。

関連記事