ガジェグル

Lightningケーブルによって充電時間が変わってくることを知っておいてほしい

time 2015/01/12

1Lightningケーブル箱

こんにちは、ヒーニョンです。

以前書いた記事「Lightningケーブルの無償交換方法」ではApple純正のLightningケーブルについて書きました。Apple純正の一番の欠点は高いですよね。1mタイプのものが1,900円です。
そこで価格が安いサードパーティー製のものを購入したくなりますよね。
今回はサードパーティー製のLightningケーブルの品質について書きます。

sponsored link

品質とは

今回の品質は「充電の速さ」についてだけ見ます。「充電の速さ」はケーブルに流れる電流が大きいほと早いということになります。
USBバッテリーを見ると1Aと2.1Aの2つの差しこみ口があったりしますよね。このA(アンペア)という単位が電流です。一般的には2.1Aをつかって充電した方が速く充電できることになります。しかし、これだけを見て2.1Aで充電できているとは言えません。いろいろと条件があります。
まず一つ目が電源プラグが2.1Aに対応していることです。
USBバッテリーであれば2.1A出力があること、Apple純正品でiPhone5に付属している電源プラグは1Aなので非対応です。
2電源プラグ1A

iPad Airに付属している電源プラグは2.4Aと大きいです。
3電源プラグ2 4A

二つ目が機器側が2.1Aに対応している必要があります。iPhone5は非対応ですし、iPhone6になると1A以上はあるようですが、2.1Aまではありません。iPad Airは2.4Aに恐らく対応(推測です)しています。
三つ目が今回のタイトルであるLightningケーブルの品質です。
この三つの条件で一番低い値が電流になります。今回の実験は、電源プラグ2.4AとiPad Airとの間を調査するケーブル繋ぎます。電流値を計るためにUSB電流&電圧チェッカーを使います。
4USB電流 電圧チェッカー
これをケーブルと電源プラグの間に入れるだけです。

Apple純正 1m (1,900円)

まずは基準値となるApple純正品についてです。
約2.3Aでていますね。
5Apple純正 1m

ノーブランド品 1m (約200〜400円)

MFi認証されていない商品なのでiPadと繋ぐとメッセージが表示されます。

MFi認証
Made For iPhone/iPad/iPod」のことです。すなわち、iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品、という意味で、iPhoneなどを手がけるアップルの用意した、認証プログラムによって、認められた、という証になっています。
ケータイWatch

6ノーブランド品
約1.32Aと純正品と比べ1Aも少ないですね。これだと充電時間が2倍掛かることが想像できます。

yellowknife 1m (約1,100円)

一番低い数値で約0.84Aとなりました。これだと3倍も時間が掛かります。
7yellowknife

Amazonで調べてみると、僕が購入したものはもうなくなっていて、「新世代」とうものがでています。やたらと評価が良いのが逆に怪しく感じます。

agrumes iPhone 5/5s/5c 6/6s/6s plus iPad Air mini ライトニングケーブル 充電 同期 1m
by カエレバ

オウルテック 1m (約2,136円)

純正品より高い価格設定!強気ですね。肝心の数値は約2.3Aでていて純正品と同等です。
8オウルテック 1m

ケーブルが丈夫にできていて付加価値が付いています。ただしケーブルが堅いので取り回しがしにくい欠点もあります。

オウルテック 2年保証 ストロング ライトニングケーブル 充電&データ転送対応 Apple認証 ホワイト 1m
by カエレバ

オウルテック 30cm (約1,936円)

前述より短く30cmバージョンです。数値は約2.35Aと純正品を超えました。
9オウルテック 30cm
ケーブルが短い方が有利に働くようですね。

オウルテック 2年保証 ストロング ライトニングケーブル 充電&データ転送対応 Apple認証 ホワイト 30cm
by カエレバ

オウルテック 巻取り式 1m (約2,200円)

巻取りタイプの製品です。数値は約2.07Aでした。

オウルテック 巻取り式 ライトニングケーブル Apple認証 ホワイト 1m
by カエレバ

まとめ

僕が所有している7つのケーブルについて計測しました。ノーブランド品やMFi認証を得ていない製品は想定どうり悪かったです。MFi認証を得ていても安い商品は品質が悪い傾向にありそうです。
でも高い商品を買うくらいなら安心の純正品がいいですよね。やっぱり電流値を書いてあるレビューが一番参考になるかもしれません。少なくとも価格だけで飛びつかない方が良いです。あとは短くても良いのなら短いケーブルを選んだ方が良いですね。
いろいろなケーブルを使ってきましたが、断線するトラブルに遭遇しているのは純正品だけなのですよね。

ではまたヾ(^^へ)

ケーブル関係について書いた記事です

Lightning
USB3.0
USB-C
Mini DisplayPort
その他

こちらで購入できます

【ノーブランド品】USB 簡易電圧・電流チェッカー ストレート型 (3.4V~8.0V,0A~3A)
by カエレバ

関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ