ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

MacとWinの両方使いがしているキーボードの設定

calendar

reload

Mac-Winキー配列 タイトル

こんにちは、ヒーニョンです。
Mac OSとWindowsを両方使っていると、キーボードの配列が違うため、油断すると誤入力してしまいます。
操作を統一すればストレスがなくなるので、僕がやっている方法を紹介します。

スポンサーリンク

目次

体で覚えるキー配列は何がよいか?

Mac用キー配列で覚えるか、Win用キー配列で覚えるか、または独自のキー配列で覚えるか、悩むところですが、僕はWin用キー配列を体で覚えています。

その理由は、キーボードはWin用の方が多く流通していて手に入れやすいです。
設定方法は後述しますが、Mac OSの方が修飾キーを変更しやすい(Win用に合わせやすい)からです。

Mac OSとWindowsの修飾キーの違い

※分かりやすくするためにMac OSのキーを小文字で示し、Windowsのキーを大文字で示します。
Mac OS: command、option、control
Windows: CTRL、ALT、WIN

MacとWinのキーボードの違い」の記事で書きましたが、次の修飾キーは似た動きをします。

動き Mac OS Windows
ショートカットの基本キー command CTRL
ショートカットの副キー option ALT
1文字前を消す delete BACK SPACE

幸いなことに、deleteと BACK SPACEはキーボードで同じ位置にあるので気にする必要がありません。
Mac-Winキー配列 delete

次の修飾キーは似た動きが無いものです。
Mac OS: control
Windows: WIN
Mac OS: eject

日本語IMEのオン・オフ

半角と全角を切り替えるのにIMEをオン・オフします。Mac OSは「command + スペース」、Windowsは「半角/全角」です。しかし、僕はこれ使うのをやめました。理由はキーを入力するたびにオン・オフが切り替わるのですが、今がオンなのかオフなのか画面で確認しないと分からないからです。
Mac用キーボードはスペースキーの両側に専用のキーがあります。「英数」がIMEをオフ、「かな」IMEをオンにします。これの良いところが、現状に関わらず、「英数」を押せばIMEがオフになるし、「かな」を押せばIMEがオンになるので画面確認が不要です。
Mac-Winキー配列 IME-ON-OFF

Windowsにはこれにあたる専用のキーがありません。Win用キーボードには、Mac用キーボードと同じ位置に「無変換」「変換」があります。このキーをMacと同じようにIMEのオン・オフにするために、僕はWindowsで日本語IMEを「Google日本語入力」を使っています。
「プロパティ > 一般 > キー設定の選択 > 編集…」から次の画像のように設定するだけです。
Mac-Winキー配列 Google日本語

その影響なのか、2019年春のWindowsアップデートで、Windows標準のMicrosoft IMEでも同じようにカスタマイズできるようになりました。
「プロパティ > 詳細設定 > 全般 > キー設定 > 変更」から次の画像のように設定するだけです。
Mac-Winキー配列 Microsoft-IME

これで、日本語IMEのオン・オフは間違わないし、楽になります。

Mac OSでキー配列の変更方法

Mac用キーボードの場合

次の修飾キーを変更して、Win用キー配列にします。

  • caps -> command
  • command -> option

Mac-Winキー配列 MacOS-Macキーボード

Mac OS標準機能で変更できます。
「設定 > キーボード > 修飾キー…」から次の画像のように設定するだけです。
Mac-Winキー配列 MacOS-Macキーボード設定

Win用キーボードの場合

次の修飾キーを変更して、Win用キー配列にします。

  • CAPS -> control
  • CTRL -> command
  • ALT -> option ※変更不要
  • 無変換 -> 英数
  • 変換 -> かな
  • PAUSE -> eject

Mac-Winキー配列 MacOS-Winキーボード

Mac OSでWin用キーボードの修飾キーを変更するには、OS標準機能では力不足です。そこでKarabiner-Elementsという無料のMacアプリを使います。
キーボードごとに細かく設定できます。
Mac-Winキー配列 MacOS-Winキーボード設定

Windowsでキー配列の変更方法

Win用キーボードはWin用キー配列のため設定は不要です。

問題なのがWindowsでMac用キーボードを使うときです。
Windowsで修飾キーを変更するアプリはいくつか存在するのですが、複数のキーボード毎に設定を変えられるものが無いようです。
常にMac用キーボードを使うのならいいのですが、Win用キーボードも併用して使うとなると諦めるしかありません。
僕は昔やっていたのが、「Apple Wireless Keyboard Helper for Windows」と「KeySwap」を使って修飾キーを変更していました。設定が面倒だったように覚えています。

まとめ

長年MacとWindowsを使ってきましたが、結局Win用キーボードの操作で統一して落ち着きました。
この記事では日本語配列のキーボードの説明なので、US配列だと違いますが、修飾キーの変更方法は同じなのでできると思います。
US配列のキーボードはシンプルでカッコよくて憧れるのですが、Enterキーが小さかったり、「英数」「かな」キーが無いので僕は使っていません。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

[あす楽対応] Apple Magic Keyboard – JIS # MLA22J/A アップル (キーボード) 【KK9N0D18P】
by カエレバ
【送料無料】エレコム ELECOM ゲーミングキーボード テンキーレス 耐久スイッチ LED 交換用ゲーミングキーキャップ付属 ECTK-G01UKBK
by カエレバ

関連記事