ガジェグル

MacBook Pro(Late2016)のキーボードは打ち安いのか? Apple Storeで色々なキーボードを打ち比べてみた

time 2016/11/01

MacBookPro13インチファンクションキー Late2016 キーボード

こんにちは、ヒーニョンです。
ノートパソコンのキーボードは薄型への一途をたどっています。軽量化のためには避けては通れない道です。慣れもありますが、操作性が気になりますね。
先日の記事「待望のMacBookPro 2016年10月Appleスペシャルイベントまとめ」で発表されたMacBook Pro(Late2016)モデルのキーボードも薄型化されています。実際にApple Storeにいってみて、全4種類のキーボードをタイピングしてきました。メモアプリにプログラミングを想定して5行ほどブラインドタッチしてみて、打ち心地が良かったものから紹介します。

sponsored link

1位: Apple Magic Keyboard

自宅で使用しているキーボードなので慣れているので一番操作しやすかったです。チョット卑怯な判定ですね。
AppleKeyboardデスクトップ

以前はApple Wireless Keyboardを使っていたのですが、1年ほど前に新型のApple Magic Keyboardに切り替えました。
Apple Wireless Keyboard

特徴としてはキーの端を叩いても、しっかりとタイプできるところです。これは素晴らしいですね。
AppleKeyboardキーボード

2位: MacBook Air(Early2015) 13インチ

今となっては旧タイプですが、長い間、活躍したキーボードです。現行モデルでは、このMacBook Air 13インチだけとなってしまいました。
MacBookAir 2015Early

今回紹介したキーボードで一番打撃感があります。キーの隅を押すと少し斜めに傾いて押され、反応が悪くなります。矢印キーのレイアウトが僕の好みです。
MacBookAir 2015Early キーボード

3位: MacBook Pro(Late2016) 13インチ

お目当ての発売されたばかりのMacBook Pro(Late2016) 13インチです。トラックパッドが大きいのが特徴ですが、タイピング中は気になることもなく誤操作もありませんでした。よくできています。
MacBookPro13インチファンクションキー Late2016

キーボードは第2世代のバタフライ構造です。次に紹介する第1世代と比べると、若干ですがキーストロークが深くなっています。それでもApple Magic Keyboardと比べるとかなり少ないので、初めてだと違和感があります。
MacBookPro13インチファンクションキー Late2016 キーボード

4位: MacBook(2016Early)

第1世代のバタフライ構造です。MacBookは薄くて軽量なのが魅力です。
MacBook 2016Early

キーボードはキーストロークあまりなく、押している感覚が少ないです。これ、しばらく使っていたら慣れるのか少し心配です。
MacBook 2016Early キーボード

まとめ

iPhone7のホームボタンは物理ボタンからソフトウェアによるボタンに変わりました。トラックパッドもそうですね。キーボードも近い将来には物理ボタンが廃しされるのでしょうね。なるべく薄いキーボードに慣れておくのが得策かもしれませんね。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

by カエレバ

by カエレバ

関連記事

MacBook Pro 13インチ(Late 2016)の関連記事

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

Amazonリンク

楽天市場リンク

アーカイブ