ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Narrative Clip 2 を買ったら輸入トラブルに巻き込まれた

calendar

reload

Narrative Clip 2パッケージ正解

こんにちは、ヒーニョンです。
Narrative Clip 2が届きました。これ何かといいますとライフログカメラというもので、身につけておくと30秒毎に永遠と撮影し続けるカメラです。
注文したのが2016年1月なので手元に届くまで約半年かかりました。輸入にあたりトラブルに巻き込まれたので書き残しておきます。

スポンサーリンク

輸入

いままで多くの商品を海外から輸入したことはあるのですが、今回が一番大変でした。まずは運送会社FedEx社のトラッキングをキャプチャしたので見てください。
FedExTracking

スウェーデン発送

Narrative社から発送メールが来てFedExのトラッキングIDが書かれていたのでWebで確認しました。すると右上に前住所の○○市と書いてあるのです。僕は引っ越しをしたので4月にNarrative社とメールのやり取りをして東京の住所に届け先を変更していたので、間違えていないかNarrative社にメールで確認をしてみると、やっぱり届け先を間違えているのです。

Narrative社に新しい住所に変更してもらいたいとメールをすると、やる気がないようで、「トラッキングIDを知らせているのだから、あとは自分でやってくれ!」と言われ、仕方なくFedEx社に連絡してみました。

調べて分かったのはFedEx社には日本支社がありました。恐る恐る電話をしてみると日本語で対応してもらえました。届け先を変更するための書類をメールで送るだけでした。書類の内容も日本語で簡単です。言葉が通じるのは嬉しいですね。これで一安心だと思っていました。

成田

FedEx社のトラッキングを毎日見ていると、スウェーデン、ドイツ、パリ、インド、成田!キターって思ったら、またトラブル発生です。税関で停まっているのです。(ToT) 僕は悪いことしてません!

「コマーシャルインボイスの記載内容が不十分」と書いてあるのですが、意味が分からないのでFedEx社に電話で聞いてみると、書類に不備があるようでNarrative社に書類を送ってもらっているそうです。僕には待つしかできないようです。

数日後にFedEx社から連絡が入り、Web購入したときの証明になるものを送って欲しいといわれ、Webで手続き完了したときに送られてきたメールを送りました。

通関

成田に到着してから18日後に僕から「まだですか?」と聞くと、「今日通関しました。」とのこと、やっと届く!

トラッキングを見ると「住所不完全」、住所変更の書類に日本語で間違えなく書いたのですが、どうやら日本語から英語に変換して登録したらしく、誤訳しているのです。都道府県名が○○市東京になっているのです。勘弁してくださいFedEx社さん。自作自演ですか(ToT)

またFedEx社に日本語の住所を伝え、仕事から帰宅してみると、不在票が入っていたので連絡すると、平日昼間だけしか対応できないようで、土曜日にして欲しいと頼むと、佐川急便にバトンタッチして送ってくれました。

まとめ

大変な輸入作業でした。Apple製品もネットで注文すると中国から送られてきますが、こんなこと一度も無いすね。途中で住所を変更をしたので追加料金が発生すると思っていたのですが(だからNarrative社に変更してもらおうと思った)、別に請求されませんでした。
開封の儀まで書きたかったのですが、次回にまわします。

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事