ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » プログラマ・自己啓発 » 新宿まで1時間圏内の賃貸物件を見てきた

新宿まで1時間圏内の賃貸物件を見てきた

calendar

reload

タウンハウジング

こんにちは、ヒーニョンです。

経費節減のために引っ越しを考えています。都心まで1時間で家賃が安い地域を探すと八王子あたりになるようです。今回は八王子駅近辺の不動産をハシゴして物件を見てきました。

スポンサーリンク

事前準備

相場を知るのに役に立ったのがiPhoneアプリの「賃貸物件検索」です。


このアプリの良いところは、SUUMO、CHINTAI、HOME’S、いい部屋ネット、at-Home、HOME ADPARK、マイナビ賃貸、アパマンショップ等の複数の広告物件が一度に検索できることです。しかし、逆に同じ物件がいろいろな広告に出されてたり、不動産会社が違っていたりすると、同じ物件が複数にわたって表示されます。値段や写真の掲載が違ったりすることもあり、無いよりマシですが、あまりにも重複が多いと目障りになります。
賃貸物件検索

不動産会社へ行く

複数の不動産会社を回る予定でしたので、時間の約束ができないこともあり予約をせずに飛び込みでいきました。結果らいうと大丈夫でした。シーズンではないので待ち時間無しでどこも対応してもらえました。
タウンハウジング

八王子市は大学が多い学生の町なので、大学入試センター試験が終わると一気に物件を探す人が多くなるそうです。

不動産会社での対応

どこの不動産会社でも入ると直ぐに案内され、お茶がでてきました。そして希望物件のヒアリングをされます。ここで重要なのは最低限の条件をハッキリしておくことです。僕はバイクを置けることが大きな条件になりました。人によっては、駅まで徒歩10分以内とか、キッチンが広くないとダメだとか、室内洗濯機置場が必須だとかあると思います。これを事前に列挙しておくとよいです。
あとは、家賃の理想価格を決めておくことです。見栄を張ってもしかたがないので、自分が支払える無理のない価格をいって相談してみると別の方法を提案してくれたりするので参考になります。

物件紹介

ネットで見つけた物件以外にも10件ほど条件に合いそうな物件を紹介してくれます。不動産会社にもよるのですが、クリアーファイルに入った資料だったり、パソコンのモニタに表示したりしながら見ることができたりします。細かな条件や不明な点を管理会社に電話で聞きながら対応してもらえるので紙面上の確認は速やかに進みます。

内覧

自分の条件に合う物件が出そろったら実際にお部屋の中を見にいきます。ただし退去予定でまだ中が見られない物件もあっりました。本当に気になるなら建物の外観だけでも見ておいた方が良いです。玄関の前に階段があって頭を打ちそうという場合もあります。
玄関前階段

同じ物件で複数の部屋が空いている場合も全て見た方が良いです。というのも物件の説明にはウォシュレット有りとは書いてはないのですが、前の住人がウォシュレットを付けてくれてたりしてオマケが違うことがあります。
ウォシュレット有無

僕は2口コンロがおける広さのキッチンが理想だったのですが、実際に見てみると2口コンロは置けますがカウンター部分が無いので料理作業のスペースが無いことに気付きました。
流し台カウンター

キッチン前の出窓が有効に活用できそうだとか、見てみないとイメージがつきません。
キッチン前の出窓

バイク置場は空いているところに置いてくださいと聞いて期待せずに見ると、広々としていて屋根まであったりして驚きます。
バイク置場

手続き

良い物件が見つかり、押さえるためには手続きをして、審査を受ける必要があります。僕は引っ越し日も未定なので、決定するのはまだ先になります。それまで押さえることができないので、最悪、物件が取られてしまうリスクもありますが、僕はもう少しゆっくり探します。

ランニングコスト

敷金、礼金、仲介手数料などは最初だけの費用ですが、「家賃+共益費」以外にも掛かる費用があります。固定費なのでしっかりと事前に確認しておきましょう。

火災保険

独り暮らしだと2年間で約15,000円です。

契約更新料

最近は契約更新料が必要な物件が多くなっています。契約期間が2年間が多くて、それを更新するのに家賃の1ヶ月分が更新料となります。

保証人の代行

僕の親は年金暮らしをしていて保証人になれないケースがあります。そこで最近の主流になっているのが保証人の代行です。もちろんお金が必要で、相場としては契約時に家賃の0.5ヶ月分、そして毎年1万円が必要になります。

水道料

1ヶ月、約2,000円徴収される場合があります。しかし個別に水道を契約しても同じくらいの値段は掛かります。

駐車場代

契約時に確認するので分かると思いますが、コレが敷金、礼金、仲介手数料等の○ヶ月に入いり家賃扱いになるので注意しましょう。駐輪場やバイク置場は無料がほとんどです。僕はバイク置場が必須で探したのですが、原付50ccクラスなら駐輪場でOKと言ってもらえますが、それ以上になると(50ccのカブと大きさは変わらない110ccバイクなのに)断られるケースがでてきます。都会ではバイクも形見が狭いですね。

ネット環境

物件情報には光とかCATVとか書いてありますが、ほとんどが有料です。しかし無料と書かれている物件もあるので注意して見ましょう。しかし回線速度は未知数です。

まとめ

ネットだけの情報では分からないことが多いと実感しました。街についてもいろいろと話が聞けて参考になりました。中央線で家賃を安い順に並べると高尾、八王子、日野、立川となり、当たり前ですが新宿に近づくほど高くなります。明日は日野市と立川市の物件を探しに行ってきます。

ではまたヾ(^^へ)

関連記事