ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » » 難易度の高いマンホールカード東京23区をゲットした

難易度の高いマンホールカード東京23区をゲットした

calendar

reload

旧三河島汚水処分場ポンプ場施設全景

こんにちは、ヒーニョンです。

マンホールカード3つ目は入手するのが難しい東京23区です。なぜ難しいかというと、施設見学を予約して約1時間半も話を聞かなければならないからです。

スポンサーリンク

予約

「旧三河島汚水処分場喞(ポン)筒(プ)場施設」に電話(03‐6458‐3940)します。しかし電話になかなか出てくれません。(・_・、)現地に行って分かったのですが、少数の職員で運営していて、随時見学を案内していて席を外しているからです。
Webページを見ていると「23区内の水再生センターの場合は、こちらの見学受付窓口から」と書いてあって電話をすると、こちらは現在可動している浄化施設の見学で、マンホールカードがもらえるのは国指定重要文化財に指定された「旧三河島汚水処分場喞(ポン)筒(プ)場施設」なのです。違うのでご注意ください。後から聞いたのですが「有明水再生センター」の見学は子供も楽しめて面白いそうです。予約は2ヶ月待ちでした。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設Web

三河島水再生センター

「旧三河島汚水処分場喞(ポン)筒(プ)場施設」は三河島水再生センターの中にあります。
三河島水再生センター入口

入口は三河島公園側にあります。入口には守衛さんがいて、見学に来たといったらバイクのまま中に入れてもらえました。

マンホールカードの配布が始まって間もないこともあり、守衛さんが分かっていなくて、奥にある三河島水再生センターを案内されてしまいました。「旧三河島汚水処分場喞(ポン)筒(プ)場施設」と三河島水再生センターは管理が違うようで場内も監視カメラが作動していて怒られるところでした。
入口のゲートを通過して直ぐ左手の施設が会場でした。間違っても真っ直ぐ行かないようにしてください。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設事務所

入口のゲートを通過して直ぐ右側には「日本の下水処理発祥の地」という石碑が建っています。形がイビツなのは、当時下水処理していた範囲の地図だそうです。右側に少し傷が付いているのが、この旧三河島汚水処分場喞(ポン)筒(プ)場施設です。
三河島水再生センター敷地内石碑

見学

まずは施設の案内ビデオを見て勉強してから施設見学に向かいます。直ぐにレンガ造りの建物が見えてきました。足元にあるゴッツいマンホールの下に現在も下水が集まってきていて、昔はこのまま真っ直ぐ先にある施設に流れ込んでいたそうです。現在は右に曲がり新しい施設に流れています。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設1阻水扉室

前に見える建物が阻水扉室で下水を止めることができます。そして足元にあるのが念願のマンホールカードに写った蓋です。
東京23区マンホールカード現物全景

現在設置している新しい蓋とは少し形状が違うそうですよ。
東京23区マンホールカード現物

ここは沈砂池です。当時はクレーンがあって大きなゴミをココでまず取り除いたそうです。2列ありますよね。これは一方が壊れても、下水は24時間流れ込むので、2列用意して常に可動しているそうです。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設2沈砂池

この細い管がヴェンチュリー管といって、圧力の差を利用して下水の量を計測しているそうです。なぜ下水の量を計測するかというと、この先にあるポンプをどれだけ可動させるか知るためだそうです。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設3ヴェンチュリー管

ヴェンチュリー管を抜けた下水は中間阻水室に入ってきます。ここでも下水を止めることができます。当時のままなのですが、確りと作られていますね。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設4中間阻水室

下水は左右の扉に分かれて流れ込んでいきます。ここが一番低い部分です。深さ6mほどです。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設5喞筒井接続暗渠

左右に分かれたさきには喞筒井というポンプの先があります。その下には富士山の形をした山があってこれで効率よく吸い込めるそうです。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設6喞筒井

次はポンプ室です。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設ポンプ室

中に入ると大空間で、たくさんのポンプが並んでいます。壁の両サイドにはレールがあって、このレールにクレーンが付いてメンテナンスをしていたそうです。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設7喞筒室

ポンプ室にはヴェンチュリーメーターが付いていて、ここで下水の量が分かるそうです。1922年イギリスから輸入したそうですが当時のお金で32,860円だそうです。当時10kgのお米が2円だったので、現在の価値に直すと6千万円ぐらいですかね。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設3ヴェンチュリーメーター

施設見学できるのはココまでです。

まとめ

1時間半も下水の勉強をしましたが楽しかったです。帰りにお土産をたくさんいただきました。
マンホールカードはもちろん、絵はがきや手提げ袋までいただきました。
旧三河島汚水処分場ポンプ場施設見学記念品

これが東京23区のマンホールカードです。カラーのマンホールじゃないですよね。なぜかというと首都圏の道路は複雑でいろいろな色が表示に使われているのでマンホールを趣味趣向でカラフルにするのは御法度だそうです。だからカラーのマンホールは消火栓の黄色だけだそうです。
東京23区マンホールカード表

サクラとイチョウがあるのは直ぐに分かるのですが、実はユリカモメも13羽います。新しいマンホールは13羽ではないそうです!
東京23区マンホールカード裏

マンホールカードのパンフレットもいただきましたが、全30種類で地域毎にカードの色が違うそうです。関東エリア青色で7枚もあります。まずは関東制覇を目指します。
マンホールカードチラシ

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事