ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » ガジェット » iPhone7ジェットブラックの争奪戦

iPhone7ジェットブラックの争奪戦

calendar

reload

IPhone7パッケージ

こんにちは、ヒーニョンです。
iPhone7を入手するのに想像以上に時間が掛かったので、その流れについて書き残します。購入したのは「国内版SIMフリーiPhone7 256GB ジェットブラック」です。

スポンサーリンク

予約方法の検討

iPhone7(国内版SIMフリー)の予約はAppleのWebサイトかiOSのApple Storeアプリからおこないます。
以前Apple Watchを予約したときは、WebサイトがBusy状態でなかなか繋がらず9分後の予約完了で、結果4-6週待ちになったという大失敗をしました。以前の記事「Apple WatchをOnline Apple Storeで予約開始直後注文したら発売日に届かない(T-T)」を参照
この失敗を繰り返さないように、早く予約ができた人の方法を調べるとiOSのApple Storeアプリが繋がりやすかったようです。それから、購入する機種をあらかじめ、お気に入り登録しておくと繋がったときに素早く購入できます。

予約

2016年9月9日16:01に予約開始です。iPhoneでApple Storeアプリを何度も起動と終了を繰り返すこと4分で繋がり、お気に入り登録していたので素早く予約完了しました。でも結果をみると「1-2週」(・_・、)エー 発売日に入手できません。しかしApple Watchの時と比べると前進しました。
IPhone7予約

発売日

iPhone7の発売日は9月16日です。やっぱりこの日には届きませんでした。いろいろな情報を見ていると新色のジェットブラックは入手が困難なようで、一般人でレビューする人もつぶやく人もいませんでした。

出荷完了通知

Appleの場合、最悪のケースでの日にちを書いているので、少しくらい早くなるかと期待しながら待っていたのですが、なかなか出荷メールがこない(。_゜)
そして出荷メールがきたのが、9月28日の発売日から12日目です。チラホラ一般人でレビューやつぶやく人が多くなってきたところです。
IPhone7出荷通知

輸送

Apple商品は中国の工場で生産されているので上海から送られてきます。受付が9月27日で手元に届いたのが10月2日なので輸送に5日も掛かります。いつも気になるADSC支店ですが、調べて見ると「Apple Delivery Support Center」の略で有明にあるそうなのですが、その後に羽田に向かうのは遠回りな気がします。ますますADSC支店が気になります。
IPhone7配達状況

配達完了

発売日から遅れること16日! 10月2日に念願のiPhone7を手にしました。
IPhone7梱包

Appleの梱包材は年々進化している気がします。今回はダンボール1枚を折り曲げるだけで作られています。最近は商品が中で暴れないようにラップで固定されるのが主流になりました。クッション材をたくさん入れられてもゴミになりますからね。
IPhone7梱包開封

まとめ

iPhone7のジェットブラックのパッケージは特別に黒色になっています。ジェットブラックとブラックの黒系色が2種類あるから、箱の色を変えたのかな。今回のiPhoneは背面のデザインが大きく変わったので、パッケージには背面がプリントされています。これ少し膨らんでいて凹凸があります。細かい加工で高級感があります。
IPhone7パッケージ開封前表側

パッケージをラッピングしているビニールも少し変化しています。以前はカッターで切れ目を入れてラッピングを剥がしていましたが、今回はベロが付いていて、引っ張ると簡単に剥がれます。しかしダンボールの梱包材はガムテープでガッチリ閉じられているので、結局カッターは必要ですね。Appleさんもう一息です。
IPhone7パッケージ開封前裏側

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

関連記事