ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » ガジェット » Lightningケーブルの無償交換方法

Lightningケーブルの無償交換方法

calendar

reload

Lightning Cable damage

こんにちは、ヒーニョンです。

Apple純正のLightningケーブルは被覆が破れませんか?
僕の経験では2年間で6本も被覆が破れたり接触が悪くなったりするケースもありました。
新品時には被覆はまっすぐしています。
Lightning Cable New

それが次第に被覆が膨れてきます。
Lightning Cable Damage just before

ここまで来ると、破れるのも時間の問題ですし、破れなくても接触が悪くなる場合もありました。
他社製のLightningケーブル(MFi認証あり)ではこのような状況にはなっていません。Appleには品質の改善を求めます。

スポンサーリンク

保証期間の確認

Appleではアクセサリも保証期間内であれば修理・交換サービスを受けることができます。
こちらの「保証状況とサービス期間を確認する」リンク先でハードウェアのシリアル番号を入力します。
すると製品の修理サービス保証の有効期限が確認できます。
保証状況 jpg

保証期間は製品購入後1年でAppleCareに入ることで期間を延長できます。延長できる期間は製品の種類によって違います。iPhoneの場合だと2年間まで延長できます。
AppleCare+for iPhone

Macの場合だと3年間まで延長なのですね。
AppleCare Protection Plan for Mac

無償交換方法

まずは、Appleサポートのページに行きましょう。
1Apple Support official site

保証期間が残っている製品をクリックします。(ここではiPhoneにしています)
「修理とサービス」を選び「その他の修理」に進みます。
2Apple Exchange service

「サービスリクエストとトラブルシューティング」をクリックします。
3スクリーンショット 2014 12 02 21 50 31

「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」
4スクリーンショット 2014 12 02 21 54 16

iPhoneで受け取れるメールアドレスを入力します。
5スクリーンショット 2014 12 02 21 54 52

直ぐにiPhoneにメールが届くのですが、ここで注意が必要です。それは、純正の「メール」アプリで開きましょう。メールに「iOS診断」というボタンがあるのですが、他社のメールアプリだとうまくいきません。
いろいろな方法で交換できますが、ここでは「配送修理」を選びました。
6スクリーンショット 2014 12 02 21 57 01

所持しているiPhoneの一覧が表示されますので、保証が残っているiPhoneを選びます。
7スクリーンショット 2014 12 02 21 58 36

次に交換するアクセサリを選びます。
8Apple Exchange service

そのまま、日本を選びます。
9Apple Exchange service

先ほどケーブルを選んだのですが、またここでイメージはありませんが「ケーブル」を選びます。
10スクリーンショット 2014 12 02 22 00 28

配達先を記入していきます。「¥1,620 + 消費税、送料/手数料」と書いてありますが、最終的には無料になります。
11スクリーンショット 2014 12 02 22 01 20
不具合(Lightningケーブルの被覆が破れている)が発生している商品を返却する必要があります。

12スクリーンショット 2014 12 02 22 03 34

返却しなかった場合の支払い方法を指定します。
13スクリーンショット 2014 12 02 22 04 24

請求先の連絡先を指定します。
14Apple Exchange service

未返却のときに引き落とされるクレジットカードを指定します。
15スクリーンショット 2014 12 02 22 06 01

最終確認です。よろしければ「修理サービスリクエストを送信」ボタンを押します。
16スクリーンショット 2014 12 02 22 07 28

完了です。
17スクリーンショット 2014 12 02 22 08 51

宅配を待つ

登録して2日程でヤマト運輸がメール便のような袋を持って来ます。中には新しいLightningケーブルと案内状が入っているので取り出します。その袋に不具合が発生しているLightningケーブルをいれたら完了です。

たくさんあるときは?

上記の方法だと1本ずつの交換になってしまいます。そこで交換方法を「持ち込み修理」にしてGenius Barに持っていくと複数本交換してくれます。僕は銀座店に4本持ち込んだらその場で交換できました。もちろん無料ですよ!

細かいことを言うと

iPhone6の保証を使うのであれば、このiPhone6に付属しているLightningケーブルだけが保証対象だと思います。実際問題どのLightningケーブルがどの製品なんて気にして使ってられません。Appleもそこまでチェックはしていないようです。

ではまたヾ(^^へ)

ケーブル関係について書いた記事です

Lightning
USB3.0
USB-C
Mini DisplayPort
その他

こちらで購入できます

関連記事

Apple製品の修理関係の記事