ガジェグル

生活にお役に立つ情報発信

Home » アプリ » MacでKindleが読めるようになった! 使用感をレポートします

MacでKindleが読めるようになった! 使用感をレポートします

calendar

reload

1 Kindle for Macタイトル

こんにちは、ヒーニョンです。

やったー(#^.^#)ついにMacでKindleが見られるようになりました。
2 Kindle for Mac リリース

いままで「Kindle Cloud Reader」がブラウザで見ることはできましたが、雑誌やマンガなどの一部の本しか開くことができず使えませんでした。
3 Kindle Cloud Readerで開けない

Kindle for Mac 1.11.1の使用感についてiPad版やKindle版との違いをまじえながらお伝えします。
4 Kindle for Mac 1 11 1

スポンサーリンク

メリット

  • MacでKindle本が読める最大のメリットは、パソコンで作業をしながら読めることではないでしょうか、Kindle本で調べ物をしたり、パソコンのHow To本だったら、いちいちiPadとMacを両方使うのは面倒ですものね。
    5 KindleMac版ながら作業

  • 読書だけでも大きな画面を利用して雑誌などを読むのには最適です。iPadだと拡大表示をしながら見てますからね。
    6 KindleMac版大画面表示

  • Macは入力デバイス(キーボード、マウス、トラックパッド)が充実していますから、メモの入力やハイライト時の文字の選択もしやすいですね。
    7 キーボード

  • 横書きの文書は見開きにすることができ、さらに文章の位置を左右に動かせるのでデュアルディスプレイで文字切れしないように調整できて快適です。
    8 横書き文書の見開き文字切れ

    9 横書き文書の見開き左右調整

    • Kindle版と同じで、ページめくりの方向が分からない!って思っていたのですが、画面の下の方をみるとプログレスバーがあって、既読部分が青く塗られているのでページの方向はわかりやすいです。ヘ(^^ヘ)
      10 Mac版ページめくり方向

    デメリット

  • トラックパッドの2本指スワイプでページめくりはできるのですが、1ページ進むのではなく、恐らくスワイプの長さによって進むページが違うようで、使い物になりません。ページの左右をクリックするか、矢印キーを押すしかありません。
    11 トラックパッドのスワイプ

  • iPad版もないのですが、画像系本にはしおり機能がないです。読みながら前のページを調べ、元のページに戻りたい場合にまだiPad版なら下部にあるスライダーにマークが残っているので大丈夫なのですが、Mac版は1ページずづ戻らないといけないので面倒です。
    12 iPad版スライダー

  • iPad版、Kindle版もないのですが、複数ページのサムネイル表示機能がないので調べるのが大変です。せっかく大きな画面があるので付けて欲しい機能です。自炊本の閲覧に使っているiPadアプリのi文庫HDなどを真似して欲しいです。
    13 i文庫HDのサムネイル表示

  • 縦書き文書は見開き表示ができません。デュアルディスプレイだとページによって文字が切れるときがあるので、見開き機能があれば回避できると思います。
    14 縦書き文書の文字切れ

  • 画像系本ではズームをしたくなるのですが、トラックパッドのピンチには対応していません。ズームするための機能が画面上のドロップダウンリストですが、これだとズームしたい位置がズームされません。この辺の操作感はiPad版がいいですね。
    15 トラックパッドのピンチ

まとめ

まだまだ、でたばかりのアプリですから、今後のバージョンアップに期待ですね。
でも、Mac版のKindleがやっと対応されてうれしいです。(*^。^*)

ではまたヾ(^^へ)

こちらで購入できます

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト
by カエレバ
Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック
by カエレバ
Kindle Paperwhite 用 事故保証プラン (2年・落下・水濡れ等の保証付き)
by カエレバ

関連記事